学会発表のページへ戻る

嶋田の学会発表リスト(2016)

演者名

演題名

学会名

開催日と開催場所

一般講演/招待講演の別

国内/国外の別

Keisuke Shoji, Yutaka Suzuki, Sumio Sugano, Toru Shimada, and Susumu Katsuma (The University of Tokyo, Japan)

Proof-of-concept for the "ping-pong" amplification cycle of PIWI-interacting RNAs.

Keystone Symposia -  "Small RNA Silencing: Little Guides, Big Biology"

January 24 - 28, 2016

Keystone Resort, Keystone, Colorado, USA.

口頭発表

国内学会

菊地玄太1・木内隆史1・竹村洋子2・大沼昭夫2・新保博2・勝間進1・嶋田透1 ( 1 東大農、2蚕技研)

Jの広食性遺伝子pph のポジショナルクローニング.

日本蚕糸学会第86回大会(平成28年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2016317日〜18 日、京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパス(京都市左京区松ヶ崎橋上町)

口頭発表

国内学会

高井嘉樹1・藤井沙季2・木内隆史1・勝間進1・小澤理香3・高林純示3 ・道羅英夫4 ・大西利幸4 ・竹田津桜2 ・小林淳2 ・松井健二2 ・嶋田透1 (1東大農、2山口大農、3京大生態研、4静岡大)

カイコの幼虫が摂食時に分泌する絹糸腺分泌物は「桑葉の香り生成」を抑制する.

日本蚕糸学会第86回大会(平成28年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2016317日〜18 日、京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパス(京都市左京区松ヶ崎橋上町)

口頭発表

国内学会

木内隆史・中島奈月・平松佑介・勝間進・嶋田透( 東大農)

カイコにおけるCRISPR/Cas9システムによる効率的な遺伝子ノックアウト.

日本蚕糸学会第86回大会(平成28年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2016317日〜18 日、京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパス(京都市左京区松ヶ崎橋上町)

口頭発表

国内学会

平松佑介1 ・木内隆史1・大門高明2 ・勝間進1・嶋田透11東大農, 2生物研)

 

カイコの膜結合型スクラーゼ遺伝子Suhのノックアウト.

日本蚕糸学会第86回大会(平成28年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2016317日〜18 日、京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパス(京都市左京区松ヶ崎橋上町)

口頭発表

国内学会

李允求1・木内隆史1・川本宗孝1・西山智明2・鈴木穣3 ・菅野純夫3 ・笠原雅弘3・重信秀治4 ・山口勝司4・嶋田透1 ・勝間進 (1 東大院農, 2金沢大・学際セ, 3東大新領域, 4基生研)

 

エリサンSamia cynthia riciniMascホモログは遺伝子量補償に関与するが、性決定には関与しない.

日本蚕糸学会第86回大会(平成28年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2016317日〜18 日、京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパス(京都市左京区松ヶ崎橋上町)

口頭発表

国内学会

木内 隆史・ 菅野 雄大・嶋田 透・勝間 (東大 )

CRISPR/Cas9システ ムによるカイコのオ ス化遺伝子Masc 機能解析.

日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会合同大会

2016326日〜329日、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス(大阪府堺市中区学園町1-1

口頭発表

国内学会

Fan Yang1, Qiushi Wang1, Makio Takeda1, and Toru Shimada2 (神戸大学農学研究科1・東京大学農学生命科学研究科2)

The SW-Opsin in the extra-retinal photoreception regulating pupal diapause in Antheraea pernyi.

日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会合同大会

2016326日〜329日、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス(大阪府堺市中区学園町1-1

ポスター発表

国内学会

李允求1・木内隆史1・川本宗孝1・鈴木穣2・菅野純夫・笠原雅弘2・西山智明3・柴田朋子4・重信秀治5・山口勝司5・嶋田透1・勝間進 1 (東大院 1・東大新領域2・金沢大学際セ3・東北大4・基生研5)

カイコの雄化誘導遺伝子 Mascの進化に迫る.

日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会合同大会

2016326日〜329日、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス(大阪府堺市中区学園町1-1

ポスター発表

国内学会

木内隆史・中島奈月・平松佑介・勝間進・嶋田透(東大・農学生命科学研究科)

 

カイコにおけるCRISPR/Cas9システムによるゲノム編集.

16回東京大学生命科学シンポジウム

2016423日、駒場I キャンパス 21 Komcee21 Komaba Center for Educational Excellence)(東京都目黒区駒場3-8-1

ポスター発表

国内会議

嶋田透(東京大学大学院農学生命科学研究科)

 

ゲノム情報の利用とその改変によるカイコの遺伝子機能解明と新たな昆虫産業への展開.

日本学術会議市民公開シンポジウム 農学の最前線 -先端科学と応用技術-

2016 8 6 ( )

13:30 ~ 17:30、京都大学東一条館思修館ホール(京都市左京区吉田中阿達町1

招待講演

国内シンポジウム

○Takashi Kiuchi , Yudai Sugano, Toru Shimada, Susumu Katsuma (Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo, 1-1-1 Yayoi, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan)

Genome editing in the masculinizing gene of the silkworm Bombyx mori.

XXV International Congress of Entomology. Symposium: Genomics and Genome Engineering in the Silkworm (Organizers: Takashi Kiuchi and Kallare Arunkumar)

2016 9 25日〜930, Orange County Convention Center,  9800 International Drive, Orlando, Florida 32819, U. S. A.

招待講演(シンポジウム)

国際会議

Haokun ZHANG, Takashi KIUCHI, Susumu KATSUMA, Toru SHIMADA (Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo, 1-1- 1 Yayoi, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan)

Silkworm ortholog of the Drosophila eye color gene, brown, controls riboflavin transport in Malpighian tubules.

XXV International Congress of Entomology.

2016 9 25日〜930, Orange County Convention Center,  9800 International Drive, Orlando, Florida 32819, U. S. A.

口頭発表

国際会議

○Hiroki Takai 1,2 , Saki Fujii 2 , Rika Ozawa 3 , Junji Takabayashi 3 , Kiriko Arai 2 , Takao Koeduka 2 , Hideo Dohra 4 , Toshiyuki Ohnishi 5 , Takashi Kiuchi 1 , Susumu Katsuma 1 , Sakura Taketazu 6 , Jun Kobayashi 6 , Kenji Matsui 2 , Toru Shimada 1 (1. Laboratory of Insect Genetics and Bioscience, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo, 1-1-1 Yayoi, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan, 2. Department of Biological Chemistry, Faculty of Agriculture, and Department of Applied Molecular Bioscience, Graduate School of Medicine, Yamaguchi University, Yamaguchi 753-8515, Japan, 3. Center for Ecological Research, Kyoto University, Otsu 520-2113, Japan, 4. Research Institute of Green Science and Technology, Shizuoka University, Shizuoka 422– 8529, Japan, 5. Graduate School of Agriculture, Shizuoka University, Shizuoka 422– 8529, Japan, 6. Department of Biological and Environmental Sciences, Faculty of Agriculture, 7. Yamaguchi University, 1677-1 Yoshida, Yamaguchi, Yamaguchi 753-8515, Japan)

Silk glands secretion of Bombyx mori suppress volatile emission of mulberry when the larvae fed on leaves.

XXV International Congress of Entomology.

2016 9 25日〜930, Orange County Convention Center,  9800 International Drive, Orlando, Florida 32819, U. S. A.

口頭発表

国際会議

伴野 1,藤井 告1, 嶋田 2,瀬筒 秀樹3,梶浦 善太41 九州大・院農,2 東京大・院農,3 農業生物資源研究所,4 信州大)

日本発信のカイコバイオリソースの魅力.

38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会(BMB2015

2016 11 30 日〜122日、パシフィコ横浜 展示ホール A,B,C(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

実物付きパネル展示

国内学会

 


学会発表のページへ戻る