学会発表のページへ戻る

嶋田の学会発表リスト(2015)

演者名

演題名

学会名

開催日と開催場所

一般講演/招待講演の別

国内/国外の別

○Takashi Kiuchi1, Huabing Wang1, Munetaka Kawamoto1, Takashi Yamano1, Yusuke Hiramatsu1, Koji Kadota1, Yutaka Suzuki2, Sumio Sugano2, Susumu Katsuma1, Toru Shimada1 (1. Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo, Japan; 2. Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo, Japan)

Evolutionary genomic studies on host plant preference in bombycoid silkworms.

International Symposium on Genome Science 2015 "Expanding Frontiers of Genome Science II"

2015120日〜121日、一橋講堂(学術総合センター2階)(東京都千代田区)

ポスター発表

国内開催の国際会議

木内 隆史 1・平松 佑介1・山野 1・大門 高明2・勝間 1・嶋田 1 (東大農1 生物研2)

カイコにおける消化酵素遺伝子のノックアウトが及ぼすクワ食性への影響.

59回日本応用動物昆虫学会大会

2015326日〜328日、山形大学小白川キャンパス(山形市小白川町1丁目4-12

口頭発表

国内学会

○Tsuguru Fujii1, Hisayoshi Fukumori1, Toru Shimada2, Zenta Kajiura3, Hideki Sezutsu4, Yutaka Banno1* (1Kyushu University, Japan, 2University of Tokyo, Japan, 3Shinshu University, Japan, 4National Institute of Agrobiological Sciences, Japan)

Activities of the national bioresource project silkworm Japan.

The 4th Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology (APSERI 2015)

April 23-25, 2015, Haeundae Grand Hotel, Busan, Korea

口頭発表

国際会議

○Takashi Kiuchi1, Huabing Wang1, Munetaka Kawamoto1, Takashi Yamano1, Yusuke Hiramatsu1, Koji Kadota1, Yutaka Suzuki2, Sumio Sugano3, Susumu Katsuma1, Toru Shimada1 (1Department of Agricultural and Environmental Biology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo, 1-1-1 Yayoi, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan; 2Department of Computational Biology, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo, 5-1-5 Kashiwanoha, Kashiwa, Chiba 277-0882, Japan; 3Department of Medical Genome Sciences, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo, 4-6-1 Shirokanedai, Minato-ku, Tokyo 108-8639, Japan)

Comparative transcriptome analysis of midgut-expressed genes between mulberry feeders and nonmulberry feeders.

The 4th Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology (APSERI 2015)

April 23-25, 2015, Haeundae Grand Hotel, Busan, Korea

口頭発表

国際会議

○Keisuke Shoji, Takashi Kiuchi, Munetaka Kawamoto, Toru Shimada, Susumu Katsuma (Department of Agricultural and Environmental Biology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo, Yayoi 1-1-1, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan)

Silkworm HP1 protein BmHP1a exerts two context-dependent modes of action with respect to transcriptional regulation.

The 4th Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology (APSERI 2015)

April 23-25, 2015, Haeundae Grand Hotel, Busan, Korea

口頭発表

国際会議

○Natsuki Nakashima1, Takashi Kiuchi1, Susumu Katsuma1, Toru Shimada1(1Department of Agriculture and Environmental Biology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo, Tokyo, Japan)

Discovery of novel factors involved in biogenesis of urate granules in the silkworm by siRNA-based knockdown.

The 4th Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology (APSERI 2015)

April 23-25, 2015, Haeundae Grand Hotel, Busan, Korea

口頭発表

国際会議

○Masashi Yuasa, Takashi Kiuchi, Susumu Katsuma, Toru Shimada (Department of Agricultural and Environmental Biology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo, Yayoi 1-1-1, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan)

Genetic linkage analysis of female sexual behavior mutant in the silkmoth, Bombyx mori.

The 4th Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology (APSERI 2015)

April 23-25, 2015, Haeundae Grand Hotel, Busan, Korea

口頭発表

国際会議

木内 隆史1, 華兵1, 川本 宗孝1, 山野 1, 平松 佑介1, 門田 幸二1, 鈴木 2, 菅野 純夫2, 勝間 1, 嶋田 透(1東京大学大学院農学生命科学研究科、2東京大学大学院新領域創成科学研究科)

カイコガ科におけるクワ乳液中に含まれる毒素に対する適応進化の謎に迫る.

15回東京大学生命科学シンポジウム

2015627日、東京大学武田先端知ビル(東大-本郷キャンパス-浅野地区)

ポスター発表

国内会議

嶋田 透(日本学術会議会員、東京大学大学院農学生命科学研究科)

応用昆虫学分科会の活動報告と衛生昆虫学の推進へ向けた展望.

第6回日本昆虫科学連合シンポジウム・日本学術会議公開シンポジウム「衛生動物が媒介する病気と被害」

201581日、東京大学 弥生講堂 一条ホール

口頭発表

国内会議

○Ryuhei Kokusho, Toru Shimada and Susumu Katsuma (Department of Agricultural and Environmental Biology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, the University of Tokyo, Yayoi 1-1-1, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan)

Bombyx mori nucleopolyhedrovirus ARIF-1 enhances systemic infection in B. mori larvae.

The 48th Annual Meeting of the Society for Invertebrate Pathology (SIP 2015)

August 9-13, 2015, Vancouver, Canada

口頭発表

国際会議

嶋田透1、木内隆史1、王華兵1,4、山野峻1、平松佑介1、川本宗孝1、勝間進1、門田幸二1、藤井告2、鈴木穣3、菅野純夫31東大・院農、2九大・院農、3東大・院新領域、4現浙江大)

カイコとその近縁種における寄主植物選択機構の進化.

日本進化学会第17回大会

シンポジウムS6「複合適応形質進化の遺伝子基盤解明」

2015822日、中央大学後楽園キャンパス

招待講演

国内学会

嶋田透1、木内隆史1、王華兵1,4、山野峻1、平松佑介1、川本宗孝1、勝間進1、門田幸二1、藤井告2、鈴木穣3、菅野純夫31東大・院農、2九大・院農、3東大・院新領域、4現浙江大)

カイコとその近縁種における寄主植物選択機構の進化.

日本進化学会第17回大会

シンポジウムS6「複合適応形質進化の遺伝子基盤解明」

2015822日、中央大学後楽園キャンパス

招待講演

国内学会

勝間進1・川本宗孝1・石原玄基1・菅野純夫2・鈴木穣2・嶋田透11東大・農、2東大新領域)

BmNPVgp64初期転写物は経口感染に必須である.

75回昆虫病理研究会

2015925日、北海道大学

口頭発表

国内学会

福井崇弘1・川本宗孝1・庄司佳祐1・木内隆史1・菅野純夫2・嶋田透1・鈴木穣2・勝間進11東大農、2東大新領域)

共生細菌Wolbachiaは宿主の性決定システムに干渉しオス殺しを引き起こす.

75回昆虫病理研究会

2015925日、北海道大学

口頭発表

国内学会

國生龍平・黄嘉禾・堤伸浩・嶋田透・勝間進(東大院農)

BmNPVBM5タンパク質は子孫ウイルスの産生と感染後期のウイルス遺伝子発現制御に関与する.

75回昆虫病理研究会

2015925日、北海道大学

口頭発表

国内学会

勝間進・木内隆史・菅野雄大・嶋田透( 大院農)

カイコ雄化因子Mascの雄化能に必須なアミ ノ酸残基の同定.

日本蚕糸学会第85回大会(平成27年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2015926日(土)〜27 日(日)、北海道大学大学院農学研究院(北海道札幌市)

口頭発表

国内学会

木内 隆史・北村 基・菅野 雄大・岡村 岳季・福井 崇弘・古賀 光・山野 峻・庄司 佳祐・勝間 進・嶋田 (東大院農)

カイコ劣性小球細胞欠如突然変異体の原 因遺伝子の同定.

日本蚕糸学会第85回大会(平成27年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2015926日(土)〜27 日(日)、北海道大学大学院農学研究院(北海道札幌市)

口頭発表

国内学会

菅野雄大・庄司佳祐・古賀光・木内隆史・ 嶋田透・勝間進(東大院農)

カイコ雄化因子Mascの細胞内局在解析お よび標的の探索.

日本蚕糸学会第85回大会(平成27年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2015926日(土)〜27 日(日)、北海道大学大学院農学研究院(北海道札幌市)

口頭発表

国内学会

張昊・木内隆史・勝間進・嶋田透(東大院農)

ショウジョウバエのbrownに相同なカイコの 遺伝子の機能に関する逆遺伝学的研究.

日本蚕糸学会第85回大会(平成27年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2015926日(土)〜27 日(日)、北海道大学大学院農学研究院(北海道札幌市)

口頭発表

国内学会

庄司佳祐1・木内隆史1・菅野純夫2・嶋田 1・鈴木穣2・勝間進1(1 東大院農, 2 東大 院新領域)

BmHP1 はカイコ初期胚における性分化に関与する.

日本蚕糸学会第85回大会(平成27年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2015926日(土)〜27 日(日)、北海道大学大学院農学研究院(北海道札幌市)

口頭発表

国内学会

國生龍平・黄嘉禾・堤伸浩・嶋田透・勝間 (東大院農)

カイコ核多角体病ウイルスのARIF-1タンパ ク質はウイルスの全身感染を促進する.

日本蚕糸学会第85回大会(平成27年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2015926日(土)〜27 日(日)、北海道大学大学院農学研究院(北海道札幌市)

口頭発表

国内学会

平松佑介1・木内隆史1・大門高明2・勝間 1 ・嶋田 1(1 東大院農, 2 生物研)

カイコのスクラーゼ遺伝子のノックアウトに よる成長及び消化酵素活性への影響.

日本蚕糸学会第85回大会(平成27年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2015926日(土)〜27 日(日)、北海道大学大学院農学研究院(北海道札幌市)

口頭発表

国内学会

中島奈月・木内隆史・川本宗孝・勝間進・嶋田透 (東大院農)

油蚕変異体 f(of )の原因遺伝子の同定.

日本蚕糸学会第85回大会(平成27年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2015926日(土)〜27 日(日)、北海道大学大学院農学研究院(北海道札幌市)

口頭発表

国内学会

川本宗孝1・青木良晃2・木内隆史1・勝間進1・嶋田透1(1 東大院農, 2 株式会社ダイ ナコム)

SilkBase version 2 - カイコとその近縁種のトランスクリプトーム統合データベース.

日本蚕糸学会第85回大会(平成27年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2015926日(土)〜27 日(日)、北海道大学大学院農学研究院(北海道札幌市)

口頭発表

国内学会

岡村 岳季・木内 隆史・勝間 進・嶋田 (東大院農)

カイコの黒蛹形質を発現する分子メカニズムの研究.

日本蚕糸学会第85回大会(平成27年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2015926日(土)〜27 日(日)、北海道大学大学院農学研究院(北海道札幌市)

口頭発表

国内学会

李允求・木内隆史・嶋田透・勝間進(東大 院農)

イチジクカサンTrilocha varians の性決定機構の解明と、カイコガ科における性決定機構の進化に関する考察.

日本蚕糸学会第85回大会(平成27年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2015926日(土)〜27 日(日)、北海道大学大学院農学研究院(北海道札幌市)

口頭発表

国内学会

庄司佳祐 (1)・鈴木穣 (2)・菅野純夫 (2)・嶋田透 (1)・勝間進 (1)(1)東京大学大学院農学生命科学研究科 (2)東京大学大学院新領域創成科学研究科)

カイコ培養細胞を用いたping-pong cycleの実験的証明.

38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会(BMB2015

2015121日〜124日、神戸ポートアイランド

口頭発表

国内学会

伴野 1,藤井 告1, 嶋田 2,瀬筒 秀樹3,梶浦 善太41 九州大・院農,2 東京大・院農,3 農業生物資源研究所,4 信州大)

日本発信のカイコバイオリソースの魅力.

38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会(BMB2015

2015121日〜124日、神戸ポートアイランド

実物付きパネル展示

国内学会

 


学会発表のページへ戻る