学会発表のページへ戻る

嶋田の学会発表リスト(2013年)

演者名

演題名

学会名

開催日と開催場所

一般講演/招待講演の別

国内/国外の別

○湯浅 正志1・木内 隆史1・伴野 豊2・勝間 進1・嶋田 透1(1東大農・2九大農)

油蚕遺伝子「B8斑油」(obt)のポジショナ ルクローニング.

日本蚕糸学会第83回大会(平成25年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2013年3月18日(月)-19日(火)、農林水産技術会議事務局筑波事務所本館(茨城県つくば市観音台 2-1-9)

口頭発表

国内学会

○木内隆史・勝間 進・嶋田 透(東大農)

コンジェニック系統を用いた休眠制御遺伝子同定の試み.

日本蚕糸学会第83回大会(平成25年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2013年3月18日(月)-19日(火)、農林水産技術会議事務局筑波事務所本館(茨城県つくば市観音台 2-1-9)

口頭発表

国内学会

○藤井 告(九大農)・阿部広明・(農工大 農)・川本宗孝・勝間 進・嶋田 透(東大農)・ 伴野 豊(九大農)

1齡期のアルビノ幼虫の生存を保障する経卵伝達物の実体.

日本蚕糸学会第83回大会(平成25年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2013年3月18日(月)-19日(火)、農林水産技術会議事務局筑波事務所本館(茨城県つくば市観音台 2-1-9)

口頭発表

国内学会

○古賀 光・木内隆史・川本宗孝・庄司佳祐・ 新井祐二・河岡慎平(東大農)・菅野純夫・ 鈴木 穣(東大新領域)・嶋田 透・勝間 進 (東大農)

トランスクリプトーム解析によるカイコの性決定・性分化メカニズムの解明.

日本蚕糸学会第83回大会(平成25年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2013年3月18日(月)-19日(火)、農林水産技術会議事務局筑波事務所本館(茨城県つくば市観音台 2-1-9)

口頭発表

国内学会

○大門高明(生物研,東大院農)・Hsu Yu- Feng(台湾師範大学)・藤井 毅(東大院農)・ 藤井 告(東大院農)・中島裕美子(琉球大)・ 石川幸男(東大院農)・嶋田 透(東大院農)

テンオビシロカサンのバイオロジーと性フェロモン.

日本蚕糸学会第83回大会(平成25年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2013年3月18日(月)-19日(火)、農林水産技術会議事務局筑波事務所本館(茨城県つくば市観音台 2-1-9)

口頭発表

国内学会

○王 華兵・木内隆史・勝間 進・嶋田 透 (東 大農)

カイコにおける新たなトレハラーゼ遺伝子.

日本蚕糸学会第83回大会(平成25年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2013年3月18日(月)-19日(火)、農林水産技術会議事務局筑波事務所本館(茨城県つくば市観音台 2-1-9)

口頭発表

国内学会

○平山 力1・小野裕嗣2・嶋田 透3・孟 艶4・大門高明1(1生物研・2食総研・3東大農・4安徽 農業大)

カイコガ科昆虫の繭フラボノイドの解析.

日本蚕糸学会第83回大会(平成25年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2013年3月18日(月)-19日(火)、農林水産技術会議事務局筑波事務所本館(茨城県つくば市観音台 2-1-9)

口頭発表

国内学会

○山野 峻1・木内隆史1・王 華兵1・鈴木 穣2・ 菅野純夫2・大門高明1,3・門田幸二1・勝間 進1・嶋田 透1(1東大農、2東大新領域、3生物研)

カイコ二糖分解酵素の糖類似アルカロイド に対する抵抗性.

日本蚕糸学会第83回大会(平成25年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2013年3月18日(月)-19日(火)、農林水産技術会議事務局筑波事務所本館(茨城県つくば市観音台 2-1-9)

口頭発表

国内学会

○石原玄基・嶋田 透・勝間 進(東大院農)

バキュロウイルスにおける機能性長鎖非 コードRNAの探索.

日本蚕糸学会第83回大会(平成25年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2013年3月18日(月)-19日(火)、農林水産技術会議事務局筑波事務所本館(茨城県つくば市観音台 2-1-9)

口頭発表

国内学会

○國生龍平1・木内隆史1・河岡慎平1・川本 宗孝1・鈴木 穣2・菅野純夫2・嶋田 透1・勝間 進1(1東大院農, 2東大院新領域)

バキュロウイルスの宿主行動操作に関与す る宿主遺伝子の探索.

日本蚕糸学会第83回大会(平成25年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2013年3月18日(月)-19日(火)、農林水産技術会議事務局筑波事務所本館(茨城県つくば市観音台 2-1-9)

口頭発表

国内学会

○勝間 進・嶋田 透(東大院農)

バキュロウイルスの宿主行動操作に関与す る宿主遺伝子の探索.

日本蚕糸学会第83回大会(平成25年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2013年3月18日(月)-19日(火)、農林水産技術会議事務局筑波事務所本館(茨城県つくば市観音台 2-1-9)

口頭発表

国内学会

○伊藤華子(東大院農)・伴戸久徳(北大院 農)・嶋田 透・勝間 進(東大院農)

バキュロウイルスの宿主行動操作に関与す る宿主遺伝子の探索.

日本蚕糸学会第83回大会(平成25年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2013年3月18日(月)-19日(火)、農林水産技術会議事務局筑波事務所本館(茨城県つくば市観音台 2-1-9)

口頭発表

国内学会

○川名 夏生1, 天竺桂 弘子1, 嶋田 透2, 伴野 豊3, 中村有希4, 山本公子4, 坊農 秀雅5, 佐藤 準一1(1 明薬大 バイオインフォマティクス, 2 東大院農, 3 九大院農, 4 生物研, 5 DBCLS)

カイコ尿酸代謝におけるDJ-1の役割 .

日本薬学会第133回年会

2013年3月28日(木)、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市みなとみらい 1-1-1)

ポスター発表

国内学会

○木内隆史1・王凌燕1・伴野豊2・勝間進1・嶋田透1( 1東大・農 2九大・農)

尿酸代謝異常カイコ突然変異体の原因遺伝子の探索から同定された尿酸トランスポーター.

第57回日本応用動物昆虫学会大会(小集会W07 「昆虫のトランスポーター」(世話人:菊田真吾・木内隆史))

2013年3月28日(木)、日本大学生物資源科学部(神奈川県藤沢市亀井野1866)

口頭発表(小集会)

国内学会

○勝間 進 (東大院・農)

ウイルスはいかにして宿主の行動を制御するのか:バキュロウイルスを用いたアプローチ.

第57回日本応用動物昆虫学会大会(小集会W15 「昆虫を操る微生物の生存戦略」(世話人:仲井まどか・佐藤令一))

2013年3月29日(金)、日本大学生物資源科学部(神奈川県藤沢市亀井野1866)

口頭発表(小集会)

国内学会

○嶋田 透 1・深津武馬 2(1 東大・院農 2 産総研)

昆虫における複合適応形質進化の解明へのゲノム情報の利用.

第57回日本応用動物昆虫学会大会(小集会W18 「ゲノムからみた昆虫の複合適応形質の進化」(世話人:嶋田 透 ・深津武馬))

2013年3月29日(金)、日本大学生物資源科学部(神奈川県藤沢市亀井野1866)

口頭発表(小集会)

国内学会

○嶋田 透(東大 農)

カイコとクワの特別な結びつきとその進化.

第20回 生物資源利用・環境研究会(信州大学繊維学部AREC・Fiiプラザ)

2013年5月17日(金)、信州大学繊維学部AREC [上田市産学官連携支援施設] 4階(上田市常田3-15-1)

招待講演

国内研究会

○木内 隆史, 勝間 進, 嶋田 透(東京大学大学院農学生命科学研究科)

Identification of the diapause regulatory gene in the silkworm, Bombyx mori.

第13回東京大学生命科学シンポジウム(BIO UT 2013)

2013年6月8日(土)、東京大学 伊藤国際学術研究センター地下1階(ギャラリー)/小島ホール1・2階(セミナー室・小島カンファレンスルーム)

ポスター発表

国内シンポジウム

○Hiroko Tabunoki1, Hiromasa Ono2, Yutaka Banno3, Toru Shimada4, Yuki Nakamura5, Kimiko Yamamoto5, Hidemasa Bono2and Hajime Fugo1 (1Department of Biological Production, Tokyo University of Agriculture and Technology, Tokyo, Japan, 2 Database Center for Life Science (DBCLS), Research Organization of Information and Systems (ROIS), Tokyo, Japan, 3 The Center of Genetic Resources, Kyushu University, Fukuoka, Japan. 4Department of Agricultural and Environmental Biology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo, Tokyo, Japan 5Insect Genome Research Unit, National Institute of Agrobiological Sciences, Ibaraki, Japan)

Identification of key uric acid synthesis pathway in a unique mutant silkworm Bombyx mori model of Parkinson's disease.

Queenstown Molecular Biology Meetings: Redox

August 25-26, 2013, Rydges Hotel, Queenstown, New Zealand

ポスター発表

国際会議

○石原玄基、嶋田透、勝間進(東大院農)

バキュロウイルス由来長鎖非コードRNAの機能解析.

第74回昆虫病理研究会

2013 年 9 月 24 日(火)、東京大学農学部

口頭発表

国内学会

○國生龍平・嶋田透・勝間進(東大院・農)

arif-1:新たな徘徊行動関連遺伝子.

第74回昆虫病理研究会

2013 年 9 月 24 日(火)、東京大学農学部

口頭発表

国内学会

○勝間進・嶋田透(東大農)

vp39変異体の機能解析.

第74回昆虫病理研究会

2013 年 9 月 24 日(火)、東京大学農学部

口頭発表

国内学会

○伊藤克彦1・勝間進1・嶋田透1・門野敬子2(東大院農1・生物研2)

カイコ濃核病ウイルス1型抵抗性遺伝子Nid-1によるウイルス抵抗性機構.

第74回昆虫病理研究会

2013 年 9 月 24 日(火)、東京大学農学部

口頭発表

国内学会

○伊藤華子(東大院農)・伴戸久徳(北大院農)・嶋田透・勝間進(東大院農)

カイコ核多角体病ウイルスIAP2の機能解析.

第74回昆虫病理研究会

2013 年 9 月 24 日(火)、東京大学農学部

口頭発表

国内学会

○庄司佳祐 (1)・原加保里 (1)・川本宗孝 (1)・河岡慎平 (1)・菅野純夫 (2)・木内隆史 (1)・嶋田透 (1)・鈴木穣 (2)・勝間進 (1)((1)東京大学大学院農学生命科学研究科 (2)東京大学大学院新領域創成科学研究科)

カイコHP1タンパク質と遺伝子発現との関係.

第36回日本分子生物学会年会

2013 年12月3日〜12月6日、神戸国際展示場.

ポスター発表

国内学会

○勝間 進、木内隆史、古賀 光、川本宗孝、庄司佳祐、嶋田 透(東大院農)

カイコの性決定・性分化システムにおけるpiRNAカスケードの関与.

第36回日本分子生物学会年会

2013 年12月3日〜12月6日、神戸国際展示場.

ポスター発表

国内学会

○木内隆史1・古賀光1・川本宗孝1・庄司佳祐1・菅野純夫2・嶋田透1・鈴木穣2・勝間進1(1. 東大院農、2. 東大院新領域)

初期胚の雌雄別トランスクリプトーム解析によるカイコ性決定因子の同定.

第36回日本分子生物学会年会

2013 年12月3日〜12月6日、神戸国際展示場.

ポスター発表

国内学会

○伴野 豊1,藤井 告1, 嶋田 透2,瀬筒 秀樹3,梶浦 善太4(1 九州大・院農,2 東京大・院農,3 農業生物資源研究所,4 信州大)

日本発信のカイコバイオリソースの魅力.

第36回日本分子生物学会年会(特別企画『NBRP実物付きパネル展示』)

2013 年12月3日〜12月6日、神戸国際展示場.

実物付きパネル展示

国内学会


学会発表のページへ戻る