学会発表のページへ戻る

嶋田の学会発表リスト(2012年)

演者名

演題名

学会名

開催日と開催場所

一般講演/招待講演の別

国内/国外の別

○Toru Shimada1, Takaaki Daimon1,2, Tsuguru Fujii1, Yan Meng1,3, Huabing Wang1, Hiroaki Abe4, Akio Onuma5, Takashi Kiuchi1, and Susumu Katsuma1 (1. Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo, Tokyo, Japan; 2. National Institute of Agrobiological Sciences, Tsukuba, Japan; 3. Anhui Agricultural University, Hefei, China; 4. Tokyo University of Agriculture and Technology, Fuchu, Japan; 5. Institute of Sericulture, Ami-machi, Iabaraki, Japan)

Genomic studies on the relationship between the silkworm and its food plant, mulberry.

Genome Research: Current Challenges and Future Directions (東京農業大学生物資源ゲノム解析センター主催国際シンポジウム)

2012年1月21日、KOKUYO HALL (東京都港区港南1丁目8−35)

招待講演(口頭発表)

国内開催の国際会議

○Toru Shimada1, Takaaki Daimon1,2, Tsuguru Fujii1, Yan Meng1,3, Huabing Wang1, Hiroaki Abe4, Akio Onuma5, Takashi Kiuchi1, and Susumu Katsuma1 (1. Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo, Tokyo, Japan; 2. National Institute of Agrobiological Sciences, Tsukuba, Japan; 3. Anhui Agricultural University, Hefei, China; 4. Tokyo University of Agriculture and Technology, Fuchu, Japan; 5. Institute of Sericulture, Ami-machi, Iabaraki, Japan)

Genetic and genomic studies on the food habits of the silkworm.

Special Lecture for the Silver Jubilee of the Department of Biotechnology (DBT), Ministry of Science & Technology, Indian Government.

Friday, 24th February, 2012, CDFD Lecture Hall, 2nd Floor, Lab Building, Centre for DNA Fingerprinting and Diagnostics, Tuljaiguda (Opp MJ Market), Nampally, Hyderabad , India

招待講演(口頭発表)

国際会議

○Toru Shimada1, Takaaki Daimon1,2, Tsuguru Fujii1, Yan Meng1,3, Huabing Wang1, Hiroaki Abe4, Akio Onuma5, Takashi Kiuchi1, and Susumu Katsuma1 (1. Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo, Tokyo, Japan; 2. National Institute of Agrobiological Sciences, Tsukuba, Japan; 3. Anhui Agricultural University, Hefei, China; 4. Tokyo University of Agriculture and Technology, Fuchu, Japan; 5. Institute of Sericulture, Ami-machi, Iabaraki, Japan)

Genetic and genomic studies on the food habit of the silkworm.

IITG-DBT Biotech Hub Invited Lecture Series (Theme: Advances in Seri Biotechnology; Organized by: IITG-Biotech Hub, Centre for the Environment; Chair: Dr. Utpal Bora (Department of Biotechnology, IIT Guwahati))

28th February 2012, Seminar Hall, Department of Biotechnology, Indian Institute of Technology Guwahati, Guwahati 781039 Assam, India

招待講演(口頭発表)

国際会議

木内隆史1、加藤裕子1、王華兵1、大門高明1,2、中島裕美子3、前川秀彰3、孟艶1,4、門田幸二5、鈴木穣6、菅野純夫6、矢後勝也7、Yu-Feng Hsu8、勝間進1、○嶋田透1,5(1.東大・農・昆虫遺伝 2.生物研・昆虫 3.琉球大・熱生研 4.安徽農大 5.東大・農・アグリバイオインフォマティクス 6.東大・新領域・メディカルゲノム 7.東大・総合研究博物館 8.臺湾師範大)

カイコガ亜科における食性の進化.

クワコ談話会(主催者:門野敬子(農業生物資源研究所))

2012年3月5日(月)〜6日(火)、琉球大学理学部複合棟 102号 (沖縄県中頭郡西原町千原1)

一般講演(口頭発表)

国内学会

○藤井告1・阿部広明2・川本宗孝1・藤井毅1・伴野豊3・勝間進1・嶋田透1(1 東大農・2 農工大農・3 九大農)

カイコのGe(Giant egg)系統で同定した伴性遺伝子の構造異常.

日本蚕糸学会第82回大会(平成24年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2012年3月18日(日)~ 19日(月)、九州大学箱崎キャンパス文系地区 (福岡県福岡市東区箱崎6-10-1)

一般講演(口頭発表)

国内学会

○藤井告1・久保真紀1・阿部広明2・大沼昭夫3・桑崎誠剛4・山本公子4・川本宗孝1・勝間進1・嶋田透1(1 東大農・2 農工大農・3 蚕技研・4 生物研)

第11 染色体を部分的に欠失したカイコの食性異常.

日本蚕糸学会第82回大会(平成24年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2012年3月18日(日)~ 19日(月)、九州大学箱崎キャンパス文系地区 (福岡県福岡市東区箱崎6-10-1)

一般講演(口頭発表)

国内学会

○王華兵1・木内隆史1・國生龍平1・大門高明1,2・勝間進1・嶋田透1(1 東大農・2 生物研)

Transcriptional regulation of β-fructofuranosidase gene in the silkworm, Bombyx mori.

日本蚕糸学会第82回大会(平成24年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2012年3月18日(日)~ 19日(月)、九州大学箱崎キャンパス文系地区 (福岡県福岡市東区箱崎6-10-1)

一般講演(口頭発表)

国内学会

○王凌燕1・木内隆史1・李木旺1・桑崎誠剛2・山本公子2・伴野豊3・勝間進1・嶋田透1(1 東大農・2 生物研・3 九大農)

優性短節油(Obs)の原因遺伝子の探索.

日本蚕糸学会第82回大会(平成24年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2012年3月18日(日)~ 19日(月)、九州大学箱崎キャンパス文系地区 (福岡県福岡市東区箱崎6-10-1)

一般講演(口頭発表)

国内学会

○石原玄基・嶋田透・勝間進(東大院農)

カイコ核多角体病ウイルスcg30 の機能解析.

日本蚕糸学会第82回大会(平成24年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2012年3月18日(日)~ 19日(月)、九州大学箱崎キャンパス文系地区 (福岡県福岡市東区箱崎6-10-1)

一般講演(口頭発表)

国内学会

○國生龍平・嶋田透・勝間進(東大院農)

ポリヘドリンプロモーターからの転写がBmNPV の宿主行動制御に果たす役割.

日本蚕糸学会第82回大会(平成24年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2012年3月18日(日)~ 19日(月)、九州大学箱崎キャンパス文系地区 (福岡県福岡市東区箱崎6-10-1)

一般講演(口頭発表)

国内学会

加藤裕子1・◯木内隆史1・王華兵1・大門高明2・勝間進1・嶋田透1(1 東大院農・2 生物研)

カイコガ科のクワへの適応におけるクワ乳液成分に対する抵抗性獲得の重要性.

日本蚕糸学会第82回大会(平成24年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2012年3月18日(日)~ 19日(月)、九州大学箱崎キャンパス文系地区 (福岡県福岡市東区箱崎6-10-1)

一般講演(口頭発表)

国内学会

○Mayura Veerana1・Lertluk Ngernsiri1・嶋田透2・鈴木雅京3(1 カセサート大・2 東大院農・3 東大院新領域)

Sex determination and conservation of doublesex (dsx) gene in Corcyra cephalonica by compared with other species in lepidoptera insect.

日本蚕糸学会第82回大会(平成24年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2012年3月18日(日)~ 19日(月)、九州大学箱崎キャンパス文系地区 (福岡県福岡市東区箱崎6-10-1)

一般講演(口頭発表)

国内学会

○伊藤克彦1・勝間進2・嶋田透2・山本公子1・門野敬子1(1 生物研・2 東大院農)

黒蛾(Bm)とクワコツマグロ(Ws)の連鎖解析.

日本蚕糸学会第82回大会(平成24年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2012年3月18日(日)~ 19日(月)、九州大学箱崎キャンパス文系地区 (福岡県福岡市東区箱崎6-10-1)

一般講演(口頭発表)

国内学会

○大門高明1, 2・古崎利紀1・丹羽隆介3・小林功1・古田健次郎1・並木俊樹1・内野恵郎1・伴野豊4・勝間進2・田村俊樹1・三田和英1・瀬筒秀樹1・中山真義5・糸山享6・嶋田透2・篠田徹郎1 (1 生物研・2 東大・3 筑波大・4 九大・5 食総研・6 明治大)

カイコの2 眠変異体は幼若ホルモン生合成能の欠損によって早熟変態を起こす.

日本蚕糸学会第82回大会(平成24年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2012年3月18日(日)~ 19日(月)、九州大学箱崎キャンパス文系地区 (福岡県福岡市東区箱崎6-10-1)

一般講演(口頭発表)

国内学会

○光武宏1・河岡慎平2・木内隆史2・小林真希3・吉川真由3・鈴木穣3・菅野純夫3・嶋田透2・泊幸秀3・勝間進2・小林淳1, 4(1 鳥取大院連農・2 東大院農・3 東大院新領域・4 山口大農)

形質転換BmN4細胞における外来遺伝子発現抑制メカニズム.

日本蚕糸学会第82回大会(平成24年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2012年3月18日(日)~ 19日(月)、九州大学箱崎キャンパス文系地区 (福岡県福岡市東区箱崎6-10-1)

一般講演(口頭発表)

国内学会

惣中祐季1・○阿部広明1・普後一1・藤井告2・嶋田透2・大門高明3(1 農工大農・2 東大農・3 生物研)

イチジクカサンのW 染色体RAPD マーカーの探索.

日本蚕糸学会第82回大会(平成24年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会)

2012年3月18日(日)~ 19日(月)、九州大学箱崎キャンパス文系地区 (福岡県福岡市東区箱崎6-10-1)

一般講演(口頭発表)

国内学会

○嶋田 透1、藤井 告1、藤井 毅2、並木重宏3、阿部広明4、櫻井健志3、大沼昭夫5、神崎亮平3、勝間 進1、石川幸男2(1.東大・農・昆虫遺伝、2.東大・農・応用昆虫、3.東大・先端研、4.農工大・農、5.蚕技研)

カイコの変異体を用いた嗅覚・味覚の分子遺伝学的研究.

第56回日本応用動物昆虫学会大会(学会主催シンポジウム「昆虫における嗅覚受容と情報処理)

2012年3月27日、奈良県新公会堂 (奈良県奈良市春日野町101)

招待講演(口頭発表)

国内学会

○藤井告1・川本宗孝1・阿部広明2・伴野豊3・勝間進1・嶋田透1(東大農1・農工大農2・九大農3)

カイコのアルビノ(al)はテトラヒドロビオプテリン(BH4)生合成関連遺伝子に変異を持つ.

第56回日本応用動物昆虫学会大会

2012年3月28日、近畿大学農学部・奈良キャンパス(奈良県奈良市中町)

一般講演(口頭発表)

国内学会

○木内隆史・ 王華兵・加藤裕子・藤井告(東大・農)大門高明(生物研)・門田幸二(東大・農)鈴木穣・菅野純夫(新領域)勝間進・嶋田透(東大・農)

カイコとその近縁種における寄主植物選択機構の進化.

第56回日本応用動物昆虫学会大会(小集会 W02「昆虫の適応形質進化へゲノム科学的アプローチ」、世話人:嶋田透・深津武馬)

2012年3月28日、近畿大学農学部・奈良キャンパス(奈良県奈良市中町)

小集会への招待講演(口頭発表)

国内学会

○大門高明(生物研、東大院農)・ 嶋田 透(東大院農)

カイコとその近縁種における性フェロモンシステムの進化.

第56回日本応用動物昆虫学会大会(小集会 W09「深化するガ類性フェロモンの真価」、世話人: 藤井毅・ 櫻井健志)

2012年3月28日、近畿大学農学部・奈良キャンパス(奈良県奈良市中町)

小集会への招待講演(口頭発表)

国内学会

○Toru Shimada (Department of Agricultural and Environmental Biology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo, Tokyo, Japan)

Positional cloning of the genes controlling silkworm-specific traits.

第3回アジア-太平洋 蚕糸・昆虫バイオテクノロジー会議 (The Third Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology)(APSERI 2012)

2012年4月7日〜8日, 西南大学家蚕基因組生物学国家重点実験室(中国 重慶市 北碚区;State Key Laboratory of Silkworm Genome Biology, Southwest University, Beibei, Chongqing, China)

招待講演(口頭発表)

国際会議

○Ryuhei Kokusho, Toru Shimada, Susumu Katsuma (Department of Agricultural and Environmental Biology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo, Japan)

Role of the polyhedrin locus in enhanced locomotory activity induced by baculovirus.

第3回アジア-太平洋 蚕糸・昆虫バイオテクノロジー会議 (The Third Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology)(APSERI 2012)

2012年4月7日〜8日, 西南大学家蚕基因組生物学国家重点実験室(中国 重慶市 北碚区;State Key Laboratory of Silkworm Genome Biology, Southwest University, Beibei, Chongqing, China)

一般講演(口頭発表)

国際会議

○Huabing Wang1, Takashi Kiuchi1, Takaaki Daimon1,2,Ryuhei Kokusho1, Yuko Kato1, Yan Meng1,3, Koji Kadota4, Yutaka Suzuki5, Sumio Sugano5, Susumu Katsuma1 and Toru Shimada1 (1Laboratory of Insect Genetics and Bioscience, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo, Tokyo, Japan. 2Division of Insect Sciences, National Institute of Agrobiological Sciences, Tsukuba, Japan. 3Division of Sericulture, School of Life Sciences, Anhui Agricultural University, Hefei, China. 4 Agricultural Bioinformatics Research Unit, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo, Tokyo, Japan.5 Laboratory of Functional Genomics, Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, Kashiwa, Chiba, Japan)

RNA-seq analyses revealed that the genes coding for beta-fructofuranosidase and alpha-glucosidases are more highly expressed in the midgut of mulberry feeders than in that of non-mulberry feeders.

第3回アジア-太平洋 蚕糸・昆虫バイオテクノロジー会議 (The Third Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology)(APSERI 2012)

2012年4月7日〜8日, 西南大学家蚕基因組生物学国家重点実験室(中国 重慶市 北碚区;State Key Laboratory of Silkworm Genome Biology, Southwest University, Beibei, Chongqing, China)

一般講演(口頭発表)

国際会議

○Katsuhiko Ito1, Kurako Kidokoro1, Susumu Katsuma2, Hideki Sezutsu3, Keiro Uchino3, Isao Kobayashi3, Toshiki Tamura3, Kimiko Yamamoto1, Kazuei Mita1, Toru Shimada2, and Keiko Kadono-Okuda1 (1Insect Genome Research Unit, National Institute of Agrobiological Sciences, Japan; 2Department of Agricultural and Environmental Biology, The University of Tokyo, Japan; 3Transgenic Silkworm Research Unit, National Institute of Agrobiological Sciences)

Bombyx densovirus susceptibility is determined by one amino acid substitution of the Bomyx mori unique membrane protein expressing in the midgut.

第3回アジア-太平洋 蚕糸・昆虫バイオテクノロジー会議 (The Third Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology)(APSERI 2012)

2012年4月7日〜8日, 西南大学家蚕基因組生物学国家重点実験室(中国 重慶市 北碚区;State Key Laboratory of Silkworm Genome Biology, Southwest University, Beibei, Chongqing, China)

一般講演(口頭発表)

国際会議

Banno Yutaka1, Toru Shimada2, Zenta Kajiura3, Hideki Sezutsu4, ○Hideaki Maekawa5* (1Kyushu University, Japan, 2University of Tokyo, Japan, 3Shinshu University, Japan, 4National Institute of Agrobiological Sciences, Japan, 5The University of Ryuikyus, Japan., *Chairperson of Operation Committee of NBRP silkworm)

Introduction of national bio-resource project (silkworm) Japan.

第3回アジア-太平洋 蚕糸・昆虫バイオテクノロジー会議 (The Third Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology)(APSERI 2012)

2012年4月7日〜8日, 西南大学家蚕基因組生物学国家重点実験室(中国 重慶市 北碚区;State Key Laboratory of Silkworm Genome Biology, Southwest University, Beibei, Chongqing, China)

招待講演(口頭発表)

国際会議

○Ying Lin1, Yan Meng2,3,Yan-Xia Wang1, Juan Luo1, Susumu Katsuma3, Cong-Wen Yang1, Yutaka Banno4, Takahiro Kusakabe4, Toru Shimada3 and Qing-You Xia1 (State Key Laboratory of Silkworm Genome Biology, Southwest University, Chongqing 400716, China1, School of Life Sciences, Anhui Agricultural University, 130 West Changjiang Road, Hefei, Anhui 230036, China2, Department of Agricultural and Environmental Biology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo, Yayoi 1-1-1, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan3, Laboratory of Silkworm Science, Kyushu University Graduate School of Bioresource and Bioenvironmental Sciences, Hakozaki 6-10-1, Fukuoka 812-8581, Japan4)

Vitellogenin receptor mutation leads to the oogenesis mutant phenotype 'scanty vitellin' of the silkworm, Bombyx mori.

第3回アジア-太平洋 蚕糸・昆虫バイオテクノロジー会議 (The Third Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology)(APSERI 2012)

2012年4月7日〜8日, 西南大学家蚕基因組生物学国家重点実験室(中国 重慶市 北碚区;State Key Laboratory of Silkworm Genome Biology, Southwest University, Beibei, Chongqing, China)

一般講演(口頭発表)

国際会議

○ 木内 隆史 (1), 王 華兵 (1), 加藤 裕子 (1), 川本 宗孝 (1), 大門 高明 (2), 門田 幸二 (3), 鈴木 穣 (4), 菅野 純夫 (4), 勝間 進 (1), 嶋田 透 (1) (1.農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻、2.農業生物資源研究所、3.農学生命科学研究科 アグリバイ オインフォマティクス教育研究ユニット、4.新領域創成科学研究科 メディカルゲノム専攻)

カイコガ科の進化における食草転換の分子機構.

第12回東京大学生命科学シンポジウム

2012年6月30日(土)、東京大学本郷キャンパス(東京都文京区本郷7-3-1)

一般講演(ポスター発表)

国内

○ 國生 龍平, 嶋田 透, 勝間 進 (東京大学大学院農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻 昆虫遺伝研究室)

バキュロウイルスが引き起こす宿主昆虫の徘徊行動におけるポリヘドリン遺伝子の役割.

第12回東京大学生命科学シンポジウム

2012年6月30日(土)、東京大学本郷キャンパス(東京都文京区本郷7-3-1)

一般講演(ポスター発表)

国内

○嶋田 透(東京大学 大学院 農学生命科学研究科 昆虫遺伝研究室)

カイコの嗅覚と味覚に関する突然変異体.

日本農芸化学会関東支部 2012年度 第1回支部例会:シンポジウム『昆虫の行動を規定する化学』

2012年7月21日(土)、東京大学 弥生キャンパス フードサイエンス棟 中島董一郎記念ホール(東京都文京区弥生1-1-1)

招待講演(口頭発表)

国内学会

○嶋田 透(日本学術会議第二部会員、東京大学大学院農学生命科学研究科教授)

応用昆虫学分科会活動報告.

公開シンポジウム「新時代の昆虫科学を拓く3」(主催:日本学術会議農学委員会応用昆虫学分科会・日本昆虫科学連合)

2012年7月14日(土)、東京大学弥生講堂 一条ホール(東京都文京区弥生1-1-1) 

シンポジウム講演(口頭発表)

国内シンポジウム

○Toru Shimada1, Tsuguru Fujii1, Huabing Wang1, Takeshi Fujii1, Hiroaki Abe2, Akio Ohnuma3, Yukio Ishikawa1, Takashi Kiuchi1, and Susumu Katsuma1 (1. Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo, Tokyo, Japan, 2. Tokyo University of Agriculture and Technology, Fuchu, Japan, 3. Institute of Sericulture, Ami-machi, Iabaraki, Japan)

Molecular genetic studies on the spli locus controlling pheromone preference in the silkmoth, Bombyx mori.

XXIV International Congress of Entomology

The EXCO-Daegu Convention Center, Daegu, Korea, August 19-24, 2012

シンポジウム講演(口頭発表) (Session 6. Behavior and Chemical Ecology; Section 6-5 Mechanisms of insect odorant detection, Organizers: Walter Leal (USA), Chen-Zhu Wang (China), Yukio Ishikawa (Japan))

国際会議

○Toru Shimada1, Tsuguru Fujii1, Takaaki Daimon2, Hiroaki Abe3, Chikara Hirayama2, Akio Ohnuma4, and Susumu Katsuma1 (1. Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo, Tokyo, Japan, 2. National Institute of Agrobiological Sciences, Tsukuba, Iabaraki, Japan, 3. Tokyo University of Agriculture and Technology, Fuchu, Tokyo, Japan, 4. Institute of Sericulture, Ami-machi, Iabaraki, Japan)

Positional cloning of the genes responsible for important traits in the silkworm.

XXIV International Congress of Entomology

The EXCO-Daegu Convention Center, Daegu, Korea, August 19-24, 2012

シンポジウム講演(口頭発表) (Session 17. Special Issues; Section 17-3 Sericulture, Organizer: Sang Mong Lee, Pusan National University, Korea)

国際会議

○Yan Meng1, Junshan Gao1, Wenjing Wang1, Jing Wang1, Chaoliang Liu1, Toru Shimada2 (1. Anhui Agricultural University, China, The University of Tokyo, Japan)

Molecular and enzymatic characterization of two tetrahydrobiopterin synthesis-related enzymes of the silkworm Bombyx mori.

XXIV International Congress of Entomology

The EXCO-Daegu Convention Center, Daegu, Korea, August 19-24, 2012

シンポジウム講演(口頭発表) (Session 17. Special Issues; Section 17-3 Sericulture, Organizer: Sang Mong Lee, Pusan National University, Korea)

国際会議

○Takashi Kiuchi1, Takeshi Fujii1, Seigo Kuwazaki2, Kimiko Yamamoto2, Susumu Katsuma1, Toru Shimada1 (1. Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo, Japan, 2. Agrigenomics Research Center, National Institute of Agrobiological Sciences, Japan)

Molecular mechanism of pupal coloration in the silkworm, Bombyx mori.

XXIV International Congress of Entomology

The EXCO-Daegu Convention Center, Daegu, Korea, August 19-24, 2012

口頭発表 (Oral Section 2. Physiology - O 206. Insect Physiology: Methamophosis, Hormone & Pheromone)

国際会議

○Lingyan Wang1, Takashi Kiuchi1, Yutaka Banno2, Muwang Li1, Susumu Katsuma1, Toru Shimada1 (1.The University of Tokyo, Japan, 2.Kyushu University, Japan)

The molecular genetics of the oily (translucent) mutants in the silkworm, Bombyx mori.

XXIV International Congress of Entomology

The EXCO-Daegu Convention Center, Daegu, Korea, August 19-24, 2012

口頭発表 (Oral Section 7. Others - O 701. Entomology : General 1)

国際会議

○Susumu Katsuma1, Yasue Koyano1, WonKyung Kang2, Ryuhei Kokusho1, Shizuo George Kamita3, Toru Shimada1 (1. The University of Tokyo, Japan, 2. RIKEN, Japan, University of California, U.S.A.)

The baculovirus uses a stolen host phosphatase to induce enhanced locomotory activity in host caterpillars.

XXIV International Congress of Entomology

The EXCO-Daegu Convention Center, Daegu, Korea, August 19-24, 2012

ポスター発表

国際会議

○Genki Ishihara, Toru Shimada, Susumu Katsuma (University of Tokyo, Japan)

Molecular dissection of Bombyx mori nucleopolyhedrovirus cg30.

XXIV International Congress of Entomology

The EXCO-Daegu Convention Center, Daegu, Korea, August 19-24, 2012

ポスター発表

国際会議

○Ryuhei Kokusho, Toru Shimada, Susumu Katsuma (The University of Tokyo, Japan)

Role of the polyhedrin promoter in enhanced locomotory activity induced by baculovirus.

XXIV International Congress of Entomology

The EXCO-Daegu Convention Center, Daegu, Korea, August 19-24, 2012

ポスター発表

国際会議

Yutaka Banno1, Toru Shimada2, Zenta Kajiura3, Hideki Sezutsu4, ○Hideaki Maekawa5 (1. Kyushu University, Japan, 2. University of Tokyo, Japan, 3. Shinshu University, Japan, 4. National Institute of Agrobiological Sciences, Japan, 5. University of the Ryukyus, Japan)

Silkworms in National Bio-Resource Project (NBRP) of Japan.

XXIV International Congress of Entomology

The EXCO-Daegu Convention Center, Daegu, Korea, August 19-24, 2012

ポスター発表

国際会議

○勝間進1、小林淳2、嶋田透1 (1東大院農、2山口大農)

増殖組織特異性を規定するバキュロウイルス遺伝子の同定.

第10回昆虫病理研究会シンポジウム

帯広畜産大学 大講義室(北海道帯広市稲田町西2線−11)、2012年9月21日(金)〜23日(日)

一般講演

国内学会

○石原玄基、嶋田透、勝間進(東大院農)

Bombyx mori nucleopolyhedrovirus cg30の機能解析.

第10回昆虫病理研究会シンポジウム

帯広畜産大学 大講義室(北海道帯広市稲田町西2線−11)、2012年9月21日(金)〜23日(日)

ポスター発表

国内学会

○國生龍平・嶋田透・勝間進(東京大学)

バキュロウイルスの宿主行動制御戦略.

第10回昆虫病理研究会シンポジウム:シンポジウム(2) 昆虫ウイルス研究の最前線(座長:池田素子(名大院・農))

帯広畜産大学 大講義室(北海道帯広市稲田町西2線−11)、2012年9月21日(金)〜23日(日)

シンポジウム講演

国内学会

○嶋田 透1,2、木内隆史1、王 華兵1、大門高明3、藤井 告1,4、勝間 進1、門田幸二2、鈴木 穣5、菅野純夫5(1.東大・農・昆遺、2.東大・農・アグリバイオインフォ、3.生物研、4.九大・農、5.東大・新領域)

カイコとその近縁種における寄主植物選択機構の進化.

新学術領域研究「複合適応形質進化の遺伝子基盤解明」 平成24年度 公開シンポジウム

東京大学弥生講堂一条ホール(東京都文京区弥生1-1-1)、2012年9月26日(水)

シンポジウム講演

国内集会

○Huabing Wang1, Takashi Kiuchi1, Takaaki Daimon1,3, Koji Kadota2, Yutaka, Suzuki4, Sumio Sugano4, Ryuhei Kokusho1, Susumu Katsuma1 and Toru Shimada1,2 (1Laboratory of Insect Genetics and Bioscience and 2Agricultural Bioinfromatics Research Unit, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo. 3Division of Insect Sciences, National Institute of Agrobiological Sciences. 4Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo)

Enzymatic adaptation of mulberry feeders to sugar-mimic alkaloids in mulberry.

新学術領域研究「複合適応形質進化の遺伝子基盤解明」 平成24年度 公開シンポジウム

東京大学弥生講堂ロビー(東京都文京区弥生1-1-1)、2012年9月26日(水)

ポスター発表

国内集会

○木内隆史・勝間進・嶋田透(東京大学大学院・農学生命科学研究科)

カイコガ科における休眠性の進化.

新学術領域研究「複合適応形質進化の遺伝子基盤解明」 平成24年度 公開シンポジウム

東京大学弥生講堂ロビー(東京都文京区弥生1-1-1)、2012年9月26日(水)

ポスター発表

国内集会

○嶋田 透(東大・農・昆遺)

ヒト疾患と共通の遺伝子を原因とするカイコの変異体―形質発現の分子機構と疾患モデルとしての可能性.

日本人類遺伝学会第57回大会(シンポジウム「疾患モデル動物とその応用」、座長:谷 憲三朗(九州大学生体防御医学研究所)・戸田達史(神戸大学大学院医学研究科))

京王プラザホテル(東京都新宿区西新宿2-2-1)、2012年10月26日(金)

招待講演

国内学会

○古賀光・山野峻・庄司佳祐・◎木内隆史・勝間進・嶋田透 (東大農)

spr (劣性小球細胞欠如)のポジショナルクローニング.

日本蚕糸学会 第62回関東支部大会 -蚕糸・昆虫機能利用学術講演会-

東京農工大学工学部(東京都小金井市)、2012年11月22日(金)〜23日(土)

一般講演

国内学会

○山野 峻1・木内隆史1・王 華兵1・鈴木 穣2・菅野純夫2・大門高明3・門田幸二1・勝間 進1・嶋田 透1(1.東大農、2.東大新領域、3.生物研)

カイコの二糖分解酵素のクワ乳液毒素に対する適応.

日本蚕糸学会 第62回関東支部大会 -蚕糸・昆虫機能利用学術講演会-

東京農工大学工学部(東京都小金井市)、2012年11月22日(金)〜23日(土)

一般講演

国内学会

○勝間 進, 河岡 慎平, 庄司 佳祐, 古賀 光, 木内 隆史, 嶋田 透(東大・生産環境生物学)

カイコをモデルとしたpiRNA研究.

第35回日本分子生物学会年会(ワークショップ 2W1II-2 システムとしてのRNA研究とその生物学的意義)

2012年12月11日(火)-14日(金)、福岡国際会議場・マリンメッセ福岡

WS口頭発表

国内学会

○庄司 佳祐1, 原 加保里1, 河岡 慎平1, 菅野 純夫2, 木内 隆史1, 嶋田 透1, 鈴木 穣2, 勝間 進1(1東大・農学・生産環境、2東大・新領域・メディカルゲノム)

カイコpiRNA経路におけるHP1ファミリータンパク質の役割.

第35回日本分子生物学会年会

2012年12月11日(火)-14日(金)、福岡国際会議場・マリンメッセ福岡

ポスター発表

国内学会

○伴野 豊1,藤井 告1, 嶋田 透2,梶浦 善太3,瀬筒 秀樹4(1 九州大・院農,2 東京大・院農,3 信州大,4 農業生物資源研究所)

日本発信のカイコバイオリソースの魅力.

第35回日本分子生物学会年会(特別企画『NBRP実物付きパネル展示』)

2012年12月11日(火)-14日(金)、福岡国際会議場・マリンメッセ福岡

実物付きパネル展示

国内学会

○川名 夏生1, 天竺桂 弘子1, 嶋田 透2, 伴野 豊3, 坊農 秀雅4, 佐藤 準一1(1 明薬大 バイオインフォマティクス, 2 東大院農, 3 九大院農, 4 DBCLS)

カイコ尿酸代謝におけるDJ-1の役割 (Identification of a key uric acid synthesis regulator in a novel silkworm Bombyx mori model of Parkinson's disease).

第85回日本生化学会大会

2012年12月14日(金)-16日(日)、福岡国際会議場・マリンメッセ福岡

ポスター発表

国内学会


学会発表のページへ戻る