学会発表のページへ戻る

嶋田の学会発表リスト(2009年)

演者名

演題名

学会名

開催日と開催場所

一般講演/招待講演の別

国内/国外の別

○嶋田 透(東京大学大学院農学生命科学研究科)

カイコのゲノムからみた昆虫の植物への適応.

特定領域研究「ゲノム」4領域成果公開シンポジウム ゲノム研究最前線 −ゲノム科学がもたらす生命の新たな理解−

2009年2月25日(水)、丸ビルホール(東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル7・8階)

招待講演(口頭発表)

国内

○Shinpei Kawaoka1, Nobumitsu Hayashi1, Yutaka Suzuki2, Hiroaki Abe3, Sumio Sugano2, Toru Shimada1, and Susumu Katsuma1 (1Department of Agricultural and Environmental Biology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo, Yayoi 1-1-1, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan; 2Department of Medical Genome Sciences, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo, 4-6-1 Shirokanedai, Minato-ku, Tokyo 108-8639, Japan; 3Division of Agriscience and Bioscience, Institute of Symbiotic Science and Technology, Tokyo University of Agriculture and Technology, Saiwai-cho, 3-5-8 Fuchu, Tokyo 183-8509, Japan)

Sex chromosome-dependent amplification of piRNAs in Bombyx mori.

The 3rd Insect Genomes Research Meeting (第3回 昆虫ゲノム研究会)

2009年3月11日(水)〜3月12日(木)、RIKEN Center for Developmental Biology in Kobe, Japan (理化学研究所 発生・再生総合研究センター オーディトリアム(兵庫県神戸市ポートアイランド内))

一般講演(口頭発表、英語)

国内

金井正敏・○大門高明(東大院農)・平山力(生物研)・勝間進・嶋田透(東大院農)

カイコの笹繭b(Gb)遺伝子のポジショナルクローニング.

日本蚕糸学会第79回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2009年3月21日(土)-22日(日),東京農工大学農学部(府中市幸町3の5の8)

一般講演(口頭発表)

国内

○孟艶・勝間進・大門高明(東大院農)・伴野豊(九大院農)・三田和英(生物研)・嶋田透(東大院農)

カイコの突然変異「黄体色」(lem)と「黄体色致死」(leml)の原因はセピアプテリン還元酵素の異常である.

日本蚕糸学会第79回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2009年3月21日(土)-22日(日),東京農工大学農学部(府中市幸町3の5の8)

一般講演(口頭発表)

国内

○佐藤丈太郎・大門高明・光廣政男(東大農)・内野恵郎・瀬筒秀樹・小林功・田村俊樹(生物研)・勝間進・嶋田透(東大農)

カイコのジーントラップ系統のベクター挿入部位の解析.

日本蚕糸学会第79回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2009年3月21日(土)-22日(日),東京農工大学農学部(府中市幸町3の5の8)

一般講演(口頭発表)

国内

○勝間進・嶋田透(東大院農)

カイコ核多角体病ウイルスORF34の機能解析.

日本蚕糸学会第79回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2009年3月21日(土)-22日(日),東京農工大学農学部(府中市幸町3の5の8)

一般講演(口頭発表)

国内

○小谷野泰枝・中西正・河岡慎平・嶋田透・勝間進(東大農)

BmNPV PTP/BVPによる宿主行動制御のメカニズムに関する研究.

日本蚕糸学会第79回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2009年3月21日(土)-22日(日),東京農工大学農学部(府中市幸町3の5の8)

一般講演(口頭発表)

国内

○伊藤克彦、勝間進(東大院農)、城所久良子、山本公子、三田和英(生物研)、嶋田透(東大院農)、門野敬子(生物研)

カイコ由来培養細胞BmN細胞を用いたカイコ濃核病ウイルス1型抵抗性遺伝子nsd-1の機能解析.

日本蚕糸学会第79回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2009年3月21日(土)-22日(日),東京農工大学農学部(府中市幸町3の5の8)

一般講演(口頭発表)

国内

○久保真紀、藤井告、大門高明、勝間進、嶋田透(東大農)

細長蚕Lanは21番染色体の末端2.5 Mbを欠失している.

日本蚕糸学会第79回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2009年3月21日(土)-22日(日),東京農工大学農学部(府中市幸町3の5の8)

一般講演(口頭発表)

国内

○河岡慎平・林伸光 (東大院農)・鈴木穣・阿部広明 (農工大)・菅野純夫 (東大院新領域)・嶋田透・勝間進 (東大院農)

カイコ卵巣、精巣におけるpiRNAの比較解析.

日本蚕糸学会第79回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2009年3月21日(土)-22日(日),東京農工大学農学部(府中市幸町3の5の8)

一般講演(口頭発表)

国内

○藤井告(東大院農)・阿部広明(農工大農)・山本公子(生物研)・勝間進(東大院農)・嶋田透(東大院農)

クワコを用いたmo座の連関検索.

日本蚕糸学会第79回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2009年3月21日(土)-22日(日),東京農工大学農学部(府中市幸町3の5の8)

一般講演(口頭発表)

国内

○Yanjing Song1, Takaaki Daimon1, Yan Meng1, Katsuhiko Yoshida1, Masao Nagata2, Susumu Katsuma1, Toru Shimada1 (1 Grad. Sch. Agric. Life Sci., 2 Grad. Sch. Frontier Sci., Univ. of Tokyo)

Cloning of the gene coding for an egg glue protein in Bombyx mori and its linkage to the Ng locus.

日本蚕糸学会第79回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2009年3月21日(土)-22日(日),東京農工大学農学部(府中市幸町3の5の8)

一般講演(口頭発表)

国内

○浦野慶・大門高明・清水謙多郎(東大農)・三田和英(生物研)・伴野豊(九大農)・勝間進・嶋田透(東大農)

臭蚕のイソバレリルCoA脱水素酵素遺伝子における1アミノ酸置換の検討.

日本蚕糸学会第79回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2009年3月21日(土)-22日(日),東京農工大学農学部(府中市幸町3の5の8)

一般講演(口頭発表)

国内

○瀬筒秀樹・内野恵郎(生物研)・下村道彦・南博・宮下靖史・佐藤親忠(三菱スペース)・大門高明・佐藤丈太郎・嶋田透(東大農)・飯塚哲也・小林功・立松謙一郎・米村真之・三田和英・田村俊樹(生物研)

カイコ・エンハンサートラップ系統とデータベース(Bombyx Trap DataBase)の開発.

日本蚕糸学会第79回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2009年3月21日(土)-22日(日),東京農工大学農学部(府中市幸町3の5の8)

一般講演(口頭発表)

国内

○石原玄基1、一ツ山知行1、勝間進2、嶋田透2、今西重雄3、川崎秀樹1、 岩永将司1(1宇大農、2東大院農、3生物研)

BmMLVの感染性完全長cDNAクローンの構築.

日本蚕糸学会第79回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2009年3月21日(土)-22日(日),東京農工大学農学部(府中市幸町3の5の8)

一般講演(口頭発表)

国内

○嶋田透(東京大学大学院農学生命科学研究科)

トランスクリプトーム解析によるカイコのゲノム機能に関する研究.

日本蚕糸学会第79回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2009年3月21日(土)-22日(日),東京農工大学農学部(府中市幸町3の5の8)

平成21年度日本蚕糸学会賞受賞者記念講演(口頭発表)

国内

○大門高明1・孟艶1・勝間進1・三田和英2・嶋田透1(1東大・農、2生物研)

カイコのβ-フルクトフラノシダーゼの機能と糖類似アルカロイドへの抵抗性.

日本蚕糸学会第79回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)グループ研究会G2「分子レベルで解明されるクワとカイコの特殊な関係」(オーガナイザー:今野浩太郎(生物研)・嶋田透(東大院))

2009年3月21日(土)-22日(日),東京農工大学農学部(府中市幸町3の5の8)

グループ研究会での講演(口頭発表)

国内

吉永武史1・○孟艶1・平山力2・大門高明1・勝間進1・嶋田透1(1東大・農、2生物研)

クワを寄主とする昆虫におけるβ-フルクトフラノシダーゼ遺伝子の適応進化.

日本蚕糸学会第79回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)グループ研究会G2「分子レベルで解明されるクワとカイコの特殊な関係」(オーガナイザー:今野浩太郎(生物研)・嶋田透(東大院))

2009年3月21日(土)-22日(日),東京農工大学農学部(府中市幸町3の5の8)

グループ研究会での講演(口頭発表)

国内

○伊藤克彦1、勝間進1、山本公子2、門野敬子2、三田和英2、嶋田透1(1東大院農、2生物研)

カイコの褐頭尾斑および第二褐頭尾斑遺伝子の遺伝子構造の比較.

第53回 日本応用動物昆虫学会大会

2009年3月28日(土)-30日(月),北海道大学高等教育機能開発センター(北海道札幌市北区北17条西8丁目)

一般講演(口頭発表)

国内

○藤井告1、大門高明1、阿部広明2、勝間進1、嶋田透1(1東大院農、2農工大農)

カイコの雌が不完全に雄化するW染色体連鎖の突然変異.

第53回 日本応用動物昆虫学会大会

2009年3月28日(土)-30日(月),北海道大学高等教育機能開発センター(北海道札幌市北区北17条西8丁目)

一般講演(口頭発表)

国内

○丹羽隆介1・並木俊樹2・伊藤克彦3・河岡慎平3・粥川琢己2・伴野豊4・藤本善徳5・重信秀治6・小林悟6・嶋田透3・勝間進3・篠田徹郎2 (筑波大院・生命環境1・農生研2・東大・農3・九大・農4・東工大・理工5・基生研・岡崎統合バイオ6)

前胸腺でのエクジソン生合成に必須の役割を担う新規酵素の同定.

第53回 日本応用動物昆虫学会大会

2009年3月28日(土)-30日(月),北海道大学高等教育機能開発センター(北海道札幌市北区北17条西8丁目)

一般講演(口頭発表)

国内

○孟艶1・勝間進1・大門高明1・伴野豊2・三田和英3・嶋田透1(東大院農1・九大院農2・生物研3)

カイコの「黄体色致死」変異体はBH4またはドーパミンの経口投与で生存できる.

第53回 日本応用動物昆虫学会大会

2009年3月28日(土)-30日(月),北海道大学高等教育機能開発センター(北海道札幌市北区北17条西8丁目)

一般講演(口頭発表)

国内

○藤井毅1・伊藤克彦2・勝間進2・嶋田透2・石川幸男1(東大院農・応用昆虫1・東大院農・昆虫遺伝2)

アズキノメイガOstrinia scapulalisのフェロモン腺で発現しているアセチル基転移酵素の解析.

第53回 日本応用動物昆虫学会大会

2009年3月28日(土)-30日(月),北海道大学高等教育機能開発センター(北海道札幌市北区北17条西8丁目)

一般講演(口頭発表)

国内

○大門高明1・内野恵郎2・瀬筒秀樹2・勝間進1・田村俊樹2・嶋田透1 (1.東大院農 2. 農業生物資源研)

トランスポゾンを利用したカイコの遺伝学的ツールの開発.

第53回 日本応用動物昆虫学会大会 小集会W11 「昆虫ゲノム研究から見えてきた新しい研究の方向性」(世話人:川崎建次郎・野田博明・嶋田 透)

2009年3月28日(土)-30日(月),北海道大学高等教育機能開発センター(北海道札幌市北区北17条西8丁目)

小集会での講演(口頭発表)

国内

○勝間進(東京大学 大学院 農学生命科学研究科)

バキュロウイルスの宿主制御メカニズムの解明

公開シンポジウム「ポストゲノム時代の害虫防除研究のあり方」(主催:農業生物資源研究所+農業環境技術研究所)

2009年4月24日,秋葉原コンベンションホール5A会議室(東京都千代田区外神田1-18-13秋葉原ダイビル5F)

招待講演

国内

○嶋田透(東京大学 大学院 農学生命科学研究科)

蚕が桑の毒性を回避する仕組み―ゲノムからの謎解き

「沖縄ゲノム科学研究会市民公開シンポジウム」(主催:沖縄科学技術研究基盤整備機構+琉球大学)

2009年4月25日、パシフィックホテル沖縄(カネオ)

招待講演

国内

○Toru Shimada (Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo)

Lateral gene transfers between ancient microorganisms and lepidoterans predicted from the silkworm (Bombyx mori) genome.

特別講演会(安徽省農業科学院)

2009年4月29日、安徽省農業科学院(中国安徽省合肥市)

招待講演

国内

○Takaaki Daimon, YanMeng, Takeshi Yoshinaga, Susumu Katsuma, and Toru Shimada (The Univ. of Tokyo)

Why the silkworm can eat toxic mulberry leaves?

特別講演会(安徽省農業科学院)

2009年4月29日、安徽省農業科学院(中国安徽省合肥市)

招待講演

国内

○Toru Shimada (Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo)

Lateral gene transfers between ancient microorganisms and lepidoterans predicted from the silkworm (Bombyx mori) genome.

特別講演会(安徽省農業大学)

2009年4月29日、安徽農業大学(中国安徽省合肥市)

招待講演

国内

○嶋田透(東京大学大学院農学生命科学研究科)・伴野豊(九州大学大学院農学研究院)・ほか

カイコのゲノムと変異体から昆虫の不思議を解き明かす.

ゲノムひろば2009 in アキバ

2009年8月1日(土)-2日(日),AKIBA_SQUARE(東京/秋葉原)

ポスター&実物展示による発表

国内

○Osamu NINAGI, Takuya Takiguchi, Masumi Awaji, Takeshi Yokoyama, Toru Shimada, Kimiko Yamamoto, and Kazuhisa Miyamoto

Establishment of the segregation models for Bt toxins and the linkage analysis of resistant genes in the silkworm, Bombyx mori.

The Eighth International Workshop on MOLECULAR BIOLOGY AND GENETICS OF THE LEPIDOPTERA

August 23-29, 2009, the Orthodox Academy in Kolympari, Crete, Greece

一般講演(口頭発表)

国際会議

○Takaaki DAIMON, Yan Meng, Takeshi Yoshinaga, Susumu Katsuma, and Toru Shimada

Enzymatic adaptation of mulberry specialists to toxic sugar-mimic alkaloids in mulberry latex.

The Eighth International Workshop on MOLECULAR BIOLOGY AND GENETICS OF THE LEPIDOPTERA

August 23-29, 2009, the Orthodox Academy in Kolympari, Crete, Greece

一般講演(口頭発表)

国際会議

○Yan MENG, Susumu Katsuma, Takaaki Daimon, Yutaka Banno, Keiro Uchino, Hideki Sezutsu, Toshiki Tamura, Kazuei Mita, and Toru Shimada

The silkworm mutant lemon (lemon lethal) is a potential insect model for human Sepiapterin reductase deficiency.

The Eighth International Workshop on MOLECULAR BIOLOGY AND GENETICS OF THE LEPIDOPTERA

August 23-29, 2009, the Orthodox Academy in Kolympari, Crete, Greece

一般講演(口頭発表)

国際会議

○Hideki SEZUTSU, K. Uchino, T. Daimon, J. Sato, M. Shimomura, H. Minami, Y. Miyashita, C. Sato, I. Kobayashi, K.-I. Tatematsu, T. Iizuka, N. Yonemura, T. Shimada, K. Mita, T. Tamura

Construction of enhancer trap system and Bombyx Trap DataBase for the analysis of gene function in silkworm Bombyx mori.

The Eighth International Workshop on MOLECULAR BIOLOGY AND GENETICS OF THE LEPIDOPTERA

August 23-29, 2009, the Orthodox Academy in Kolympari, Crete, Greece

一般講演(口頭発表)

国際会議

○Tsuguru FUJII, Takeshi Fujii, Hiroaki Abe, Akio Ohnuma, Susumu Katsuma, Toru Shimada

acj6 mutants of the silkworm Bombyx mori cannot discriminate mulberry from beet leaves.

The Eighth International Workshop on MOLECULAR BIOLOGY AND GENETICS OF THE LEPIDOPTERA

August 23-29, 2009, the Orthodox Academy in Kolympari, Crete, Greece

ポスター発表

国際会議

○藤井告1・藤井毅1・桑崎誠剛2・山本公子2・阿部広明3・大沼昭夫4・勝間進1・三田和英3・嶋田透1 (1東大農、2生物研、3農工大・農、4蚕技研)

カイコのspli変異体に認められる食性と性フェロモン応答性の異常.

昆虫ポストゲノム研究会(ミニシンポジウム「カイコ突然変異遺伝子のポジショナルクローニングによる機能解析」)

2009年9月9日(水)〜11日(金)、北海道大学 遠遊学舎/農学部総合研究棟1F-W109

口頭発表(招待講演)

国内

○大門高明・孟艶・吉永武史・勝間進・嶋田透(東大・大学院農学生命科学研究科)

桑の糖類似アルカロイドに対する鱗翅目昆虫の抵抗性機構.

日本遺伝学会第81回大会.(ワークショップW12「チョウ目昆虫の分子遺伝学とその応用」、世話人:塩見邦博)

2009年9月16日(水)〜18日(金)、信州大学理学部(長野県松本市)

口頭発表(招待講演)

国内

○尾出洋章(1)・天竺桂弘子(1)・嶋田透(2)・伴野豊(3)・三田和英(4)・佐藤準一(1)(1:明薬大・バイオインフォマティクス、2:東大院農・昆虫遺伝、3:九大院農・遺伝子生物資源開発センター、4:生物資源研・ゲノム情報解析ユニット)

カイコDJ-1のcDNAクローニングと細胞分布.

第82回生化学会大会

2009年10月23日(金)、神戸国際会議場

口頭発表およびポスター発表

国内

○Toru Shimada, Takaaki Daimon, Tsuguru Fujii, Yan Meng, Takeshi Yoshinaga, Akio Ohnuma, Chikara Hirayama, Susumu Katsuma, Hiroaki Abe, and Kazuei Mita

Genetic mechanisms controlling the food habit of Bombyx mori, a monophagous insect depending on mulberry.

THE 6TH ASIA-PACIFIC CONGRESS OF ENTOMOLOGY (APCE 2009) - Symposium 6 (GENETICS, GENOMICS, TRANSGENICS & EVOLUTIONARY BIOLOGY; organized by Yongping Huang)

October 18-22, 2009, Jiuhua Resort & Convention Center, Beijing, China(九華山庄(中国・北京市昌平区小湯山))

口頭発表(招待講演)

国際会議

○Yan Meng1, 2, Susumu Katsuma2, Takaaki Daimon2, Yutaka Banno3, Keiro Uchino4, Hideki Sezutsu4, Toshiki Tamura4, Kazuei Mita4, and Toru Shimada2 (1School of Life Sciences, Anhui Agricultural University, Hefei 230036, China; 2Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo, Tokyo 113-8657, Japan; 3Institute of Genetic Resources, Kyushu University, Fukuoka 812-8581, Japan; 4National Institute of Agrobiological Sciences, Ibaraki 305-8634, Japan)

Transgenic rescue of yellow body color of the silkworm mutant lemon using the piggyBac-GAL4/UAS system.

THE 6TH ASIA-PACIFIC CONGRESS OF ENTOMOLOGY (APCE 2009) - Symposium 6 (GENETICS, GENOMICS, TRANSGENICS & EVOLUTIONARY BIOLOGY; organized by Yongping Huang)

October 18-22, 2009, Jiuhua Resort & Convention Center, Beijing, China(九華山庄(中国・北京市昌平区小湯山))

口頭発表

国際会議

○H. Sezutsu, K. Uchino, T. Daimon, J. Sato, M. Shimomura, H. Minami, Y. Miyashita, C. Sato, I Kobayashi1, K.I. Tatematsu, T. Iizuka, N. Yonemura, T. Shimada, K. Mita, T. Tamura.

Development of transgenic silkworm Bombyx mori for functional genomics.

THE 6TH ASIA-PACIFIC CONGRESS OF ENTOMOLOGY (APCE 2009) - Symposium 6 (GENETICS, GENOMICS, TRANSGENICS & EVOLUTIONARY BIOLOGY; organized by Yongping Huang)

October 18-22, 2009, Jiuhua Resort & Convention Center, Beijing, China(九華山庄(中国・北京市昌平区小湯山))

口頭発表(招待講演)

国際会議

○Toru Shimada, Takaaki Daimon, Tsuguru Fujii, Yan Meng, Takeshi Yoshinaga1, Akio Ohnuma, Chikara Hirayama, Susumu Katsuma, Hiroaki Abe, and Kazuei Mita.

How did Bombyx adapt to mulberry? - A hypothesis in comparative genomics.

International Symposium on Bombyx mori Functional Genomics and Modern Silk Road.

October 21-23, 2009, Hai Yu Hotspring Hotel, 198 Shuang-yuan Road, Beibei district, Chongqing, China(海宇温泉大酒店、中国・重慶市北碚区双元大道198号).

口頭発表(招待講演)

国際会議

○Yan Meng1, 2, Susumu Katsuma2, Takaaki Daimon2, Yutaka Banno3, Keiro Uchino4, Hideki Sezutsu4, Toshiki Tamura4, Kazuei Mita4, and Toru Shimada2 (1School of Life Sciences, Anhui Agricultural University, China; 2Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo, Japan; 3Institute of Genetic Resources, Kyushu University, Japan; 4National Institute of Agrobiological Sciences, Japan)

The mutant phenotypes of lemon and lemon lethal are controlled by the sepiapterin reductase gene of the silkworm, Bombyx mori.

International Symposium on Bombyx mori Functional Genomics and Modern Silk Road.

October 21-23, 2009, Hai Yu Hotspring Hotel, 198 Shuang-yuan Road, Beibei district, Chongqing, China(海宇温泉大酒店、中国・重慶市北碚区双元大道198号).

口頭発表

国際会議

○Yanjing Song, Takaaki Daimon, Yan Meng, Katsuhiko Yoshida,Masao Nagata, Susumu Katsuma,and Toru Shimada (Grad. Sch. Agric. Life Sci., Univ. of Tokyo)

Ng (Non-glue) locus encodes a major constituent of colleterial gland protein in the silkworm, Bombyx mori.

日本蚕糸学会関東支部第60回学術講演会

2009年11月6日〜7日、宇都宮大学大学会館多目的ホール(宇都宮市峰町350)

口頭発表

国内

○藤井告・藤井毅(東大農)・阿部広明(農工大農)・大沼昭夫(蚕技研)・勝間進・嶋田透(東大農)

カイコの伴性突然変異spliとBtに認められる性フェロモン応答性の異常.

日本蚕糸学会関東支部第60回学術講演会

2009年11月6日〜7日、宇都宮大学大学会館多目的ホール(宇都宮市峰町350)

口頭発表

国内

○石原玄基1、一ツ山知行1、勝間進2、今井典子3、嶋田透2、今西重雄4、姜媛瓊3、川崎秀樹1、岩永将司1 (1宇大農、2東大院農、3理研分子昆虫、4生物研ジーンバンク)

ウイルスフリー細胞と感染性クローンを用いたBmMLVの解析.

日本蚕糸学会関東支部第60回学術講演会

2009年11月6日〜7日、宇都宮大学大学会館多目的ホール(宇都宮市峰町350)

口頭発表

国内

○土田歩未・嶋田透・勝間進(東大農)

バキュロウイルス感染におけるユビキチン・プロテアソーム経路の役割.

日本蚕糸学会関東支部第60回学術講演会

2009年11月6日〜7日、宇都宮大学大学会館多目的ホール(宇都宮市峰町350)

口頭発表

国内

○久保真紀、藤井 告(東大農)、大沼昭夫(蚕技研)、勝間 進、嶋田 透(東大農)

カイコ食性異常遺伝子Npのポジショナルクローニングの試み.

日本蚕糸学会関東支部第60回学術講演会

2009年11月6日〜7日、宇都宮大学大学会館多目的ホール(宇都宮市峰町350)

口頭発表

国内

○浦野 慶・大門高明・勝間 進・嶋田 透(東大院・農)

カイコ眠性変異体に関する分子遺伝学的解析.

日本蚕糸学会関東支部第60回学術講演会

2009年11月6日〜7日、宇都宮大学大学会館多目的ホール(宇都宮市峰町350)

口頭発表

国内

○國生龍平・大門高明(東大農)・矢後勝也(東大理)・Yu-Feng Hsu(台湾師範大)・中島裕美子(琉球大)・勝間進・嶋田透(東大農)

カイコガ科におけるβ-フルクトフラノシダーゼ遺伝子の進化.

日本蚕糸学会関東支部第60回学術講演会

2009年11月6日〜7日、宇都宮大学大学会館多目的ホール(宇都宮市峰町350)

口頭発表

国内

○佐藤丈太郎・大門高明・光廣政男(東大農)・内野恵郎・瀬筒秀樹・小林功・田村俊樹(生物研)・勝間進・嶋田透(東大農)

ジーントラップ法によるカイコ変異体の表現型の観察.

日本蚕糸学会関東支部第60回学術講演会

2009年11月6日〜7日、宇都宮大学大学会館多目的ホール(宇都宮市峰町350)

口頭発表

国内

○安原聡・河岡慎平・嶋田透・勝間進(東大農)

piRNA経路関連遺伝子群の発現解析.

日本蚕糸学会関東支部第60回学術講演会

2009年11月6日〜7日、宇都宮大学大学会館多目的ホール(宇都宮市峰町350)

口頭発表

国内

○嶋田透(東大農)

カイコはなぜクワを食うかーゲノムからのヒント.

日本蚕糸学会関東支部第60回学術講演会 公開シンポジウム「カイコゲノム情報の今後の展開」

2009年11月6日〜7日、宇都宮大学大学会館多目的ホール(宇都宮市峰町350)

口頭発表(招待講演)

国内

○嶋田透

:カイコから日本が学んだもの.

天皇陛下御在位20年慶祝公開シンポジウム ― 天の虫『蚕(かいこ)』、新たな可能性への挑戦 ―

、2009年11月18日、つくば国際会議場エポカル大ホール(つくば市)

基調講演(招待講演)

国内

○勝間進・姜媛瓊・嶋田透(東大農)

バキュロウイルスゲノムから転写される長鎖非コードRNAの探索.

第71回昆虫病理研究会

2009年11月27日(金)、農林水産省農林水産技術会議事務局筑波事務所内つくば農林ホール(茨城県つくば市観音台2-1-9)

口頭発表

国内

○小谷野泰枝・姜媛瓊・嶋田透・勝間進(東大農)

バキュロウイルスによる宿主行動制御に関する研究.

第71回昆虫病理研究会

2009年11月27日(金)、農林水産省農林水産技術会議事務局筑波事務所内つくば農林ホール(茨城県つくば市観音台2-1-9)

口頭発表

国内

○Takaaki Daimon, Yan Meng, Susumu Katsuma, and Toru Shimada (Grad. School of Agric. Life Sci., Univ. of Tokyo)

Enzymatic adaptation of mulberry specialists to toxic sugar-mimic alkaloids in mulberry latex.

第32回日本分子生物学会年会(ワークショップ 2W10 昆虫と関連生物の多様性と進化メカニズムをさぐる (Diversity and evolution of insects and related species);オーガナイザー=相垣敏郎、林茂生)

2009年12月9日(水)〜12日(土)、パシフィコ横浜

口頭発表およびポスター発表

国内

○瀬筒 秀樹1, 内野 恵郎1, 大門 高明2, 佐藤 丈太郎2, 下村 道彦3, 南 博3, 宮下 靖史3, 佐藤 親忠3, 小林 功1, 立松 謙一郎1, 飯塚 哲也1, 米村 真之1, 嶋田 透2, 三田 和英4, 田村 俊樹1 (1生物研・組換えカイコ, 2東大院・農・生命科学, 3三菱スペース・ソフトウェア, 4生物研・昆虫ゲノム)

カイコのエンハンサートラップ系およびBombyx Trapデータベースの開発.

第32回日本分子生物学会年会

2009年12月9日(水)〜12日(土)、パシフィコ横浜

ポスター発表

国内

○石原 玄基1, 印南 克久1, 勝間 進2, 今井 典子3, 嶋田 透2, 今西 重雄4, 姜 媛瓊3, 川崎 秀樹1, 岩永 将司1 (1宇大・農・昆虫機能, 2東大院・農・昆虫遺伝, 3理研・分子昆虫, 4農生研・ジーンバンク)

RT-PCR法を用いたBombyx mori macula-like virusの探索、及びYeast Two-hybrid法を用いたウイルス-宿主間相互作用のスクリーニング.

第32回日本分子生物学会年会

2009年12月9日(水)〜12日(土)、パシフィコ横浜

ポスター発表

国内


学会発表のページへ戻る