学会発表のページへ戻る

嶋田の学会発表リスト(2007年)

演者名

演題名

学会名

開催日と開催場所

一般講演/招待講演の別

国内/国外の別

○嶋田透(東大・院農)

カイコゲノムに特異的に存在する遺伝子の由来と機能.

特定ゲノム4領域・領域横断昆虫ゲノム研究会

2007年2月27日-28日,東京大学農学部キャンパス

招待講演(口頭発表)

国内

○藤井告1, 阿部広明2, 大室奈諸子1, 河岡慎平1, 勝間進1, 三田和英3, 嶋田透1(1東大・院農,2農工大,3生物研)

カイコの痕跡翅突然変異Vg が座位するZ染色体には1.5Mbの中間部欠失が存在する.

特定ゲノム4領域・領域横断昆虫ゲノム研究会

2007年2月27日-28日,東京大学農学部キャンパス

ポスター発表

国内

○味村正博1、佐原 健2、阿部広明3、田村俊樹1、嶋田 透4、三田和英1(1生物研,2北大・院農,3農工大,4東大・院農)

カイコW染色体と性決定遺伝子.

特定ゲノム4領域・領域横断昆虫ゲノム研究会

2007年2月27日-28日,東京大学農学部キャンパス

ポスター発表

国内

○嶋田透(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)

カイコゲノムに特異的に存在する遺伝子とその機能.

アグリバイオインフォマティクス人材養成ユニット第3回シンポジウム

2007年3月19日,東京大学弥生講堂

招待講演

国内

○藤井告1、阿部広明2、勝間進1、三田和英3、嶋田透1(1東大 院農、1農工大農、3生物研)

カイコガの間接飛翔筋形成に関与するハプロ不全遺伝子のマイ クロアレイ解析.

第51回日本応用動物昆虫学会大会

2007年3月27日-29日,広島大学東広島キャンパス

一般講演(口頭発表)

国内

○伊藤克彦1、2、城所久良子2、Andrew Kalyebi2、山本公子2、野畑順子2、笹沼俊一2、笹沼基恵2、三田和英2、勝間進1、嶋田透1、門野敬子2(1東大院農・昆虫遺伝、2生物研)

カイコ1型濃核病ウイルス抵抗性遺伝子nsd-1の単離と解析 -ポジショナルクローニングによる遺伝子候補領域の決定.

第51回日本応用動物昆虫学会大会

2007年3月27日-29日,広島大学東広島キャンパス

一般講演(口頭発表)

国内

○ 河岡慎平1・大門高明1・大室奈緒子1・磯野涼子1,3・三田和英2・勝間進1・嶋田透1(1.東大・農,2.生物研・昆虫ゲノム,3.現愛知県)

カイコのグロベリン遺伝子ファミリーの機能と進化.

第51回日本応用動物昆虫学会大会

2007年3月27日-29日,広島大学東広島キャンパス

一般講演(口頭発表)

国内

○藤井告・勝間進(東大院農)・阿部広明・横山岳(農工大農)・伴野豊(九大院農)・三田和英(生物研)・嶋田透(東大院農)

Vg(1-38.7)が座位するZ染色体に存在する欠失領域の遺伝学的解析.

日本蚕糸学会第77回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2007年4月3日-4日,農林水産技術会議事務局筑波事務所(茨城県つくば市観音台2-1-9)

一般講演(口頭発表)

国内

○勝間進・中西正・大門高明・嶋田透(東大農)

カイコ核多角体病ウイルスがコードするカテプシンの糖鎖付加に関する研究.

日本蚕糸学会第77回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2007年4月3日-4日,農林水産技術会議事務局筑波事務所(茨城県つくば市観音台2-1-9)

一般講演(口頭発表)

国内

○中西正・勝間進・大門高明(東大院農)・後藤千枝(中央農研)・小林迪弘(名大農)・嶋田透(東大院農)

鱗翅目バキュロウイルス間で保存されているFP25Kの機能解析.

日本蚕糸学会第77回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2007年4月3日-4日,農林水産技術会議事務局筑波事務所(茨城県つくば市観音台2-1-9)

一般講演(口頭発表)

国内

○吉永武史・孟艶・大門高明・大室奈緒子・勝間進・嶋田透(東大・院農)

クワを寄主とする昆虫のβ-フルクトフラノシダーゼ遺伝子の比較解析.

日本蚕糸学会第77回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2007年4月3日-4日,農林水産技術会議事務局筑波事務所(茨城県つくば市観音台2-1-9)

一般講演(口頭発表)

国内

○河岡慎平1・船隈俊介1・孟艶1・大室奈緒子1・三田和英2・勝間進1・嶋田透1(1.東大・農、2.生物研)

カイコのグロビン様遺伝子の発現解析.

日本蚕糸学会第77回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2007年4月3日-4日,農林水産技術会議事務局筑波事務所(茨城県つくば市観音台2-1-9)

一般講演(口頭発表)

国内

○一ツ山知行、松島雄大(宇大・農)、勝間進、大門高明、大室奈緒子、嶋田透(東大・農)、今西重雄(農生研)、川崎秀樹、岩永将司(宇大・農)

昆虫細胞へ慢性感染するBmMLVの解析究.

日本蚕糸学会第77回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2007年4月3日-4日,農林水産技術会議事務局筑波事務所(茨城県つくば市観音台2-1-9)

一般講演(口頭発表)

国内

○孟艶(東大院農)・吉永武史(東大農)・大門高明・大室奈緒子・勝間進・嶋田透(東大院農)

エリサンとサクサンに存在するβ-フルクトフラノシダーゼ相同遺伝子の同定と発現解析.

日本蚕糸学会第77回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2007年4月3日-4日,農林水産技術会議事務局筑波事務所(茨城県つくば市観音台2-1-9)

一般講演(口頭発表)

国内

○伊藤克彦1、2、城所久良子2、Andrew Kalyebi2、山本公子2、野畑順子2、笹沼俊一2、笹沼基恵2、小林功2、内野恵郎2、瀬筒秀樹2、神田俊男2、田村俊樹2、江口良橘2、原和二郎2、三田和英2、勝間進1、嶋田透1、門野敬子2(1東大院農、2生物研)

カイコ2型濃核病ウイルス抵抗性遺伝子nsd-2の単離とトランスジェニックによる証明.

日本蚕糸学会第77回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2007年4月3日-4日,農林水産技術会議事務局筑波事務所(茨城県つくば市観音台2-1-9)

一般講演(口頭発表)

国内

○鈴木雅京(理研)・今西重雄(生物研)・嶋田透(東大農)・松本正吾 (理研)

p-element somatic inhibitorのカイコホモログはBmdsxの性特異的スプラ イシングを制御する.

日本蚕糸学会第77回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2007年4月3日-4日,農林水産技術会議事務局筑波事務所(茨城県つくば市観音台2-1-9)

一般講演(口頭発表)

国内

○嶋田透(東大・農)

カイコのゲノムから読みとる昆虫の進化.

「東京大学の生命科学シンポジウム」(BIOUT2007;東京大学創立130周年記念事業,東京大学生命科学教育支援ネットワーク主催)

2007年4月14日,東京大学安田講堂

招待講演(口頭発表)

国内

○孟艶・吉永武史・大門高明・勝間進・嶋田透(東大院農)

エリサンとサクサンのβ-フルクトフラノシダーゼをコードする完全長cDNAのクローニング.

日本野蚕学会第13回大会

2007年6月22日〜23日,筑波山ホテル青木屋

一般講演(口頭発表)

国内

○T. Yokoyama, Y. Nisida, H. Abe (Tokyo University of Agriculture and Technology), T. Fujii and T. Shimada (University of Tokyo)

The fate of the polar bodies in the silkworm (Bombyx mori. L.)

第43回 日本節足動物発生学会大会

プチホテル・ゾンタック(長野県上田市菅平高原1223),2007年7月4日-6日.

口頭発表

国内

○Susumu KATSUMA and Toru SHIMADA (Department of Agricultural and Environmental Biology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo, Japan)

Baculovirus infection modulates the signaling pathways of host insects.

Baculovirus Satellite Symposium : New Directions in Baculovirus Research (Co-conveners: G. Blissard, P. Friesen, Y. Matsuura, G .Rohrmann), 2007 American Society for Virology Annual Conference

July 14, 2007, Corvallis, Oregon, USA.

招待講演(口頭発表)

国際会議

○Tsuguru Fujii1, Hiroaki Abe2, Shinpei Kawaoka1, Susumu Katsuma1, Kazuei Mita3, Toru Shimada1 (1Department of Agricultural and Environmental Biology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo, Japan; 2Department of Biological Production, Faculty of Agriculture, Tokyo University of Agriculture and Technology, Japan; 3 Laboratory of Insect Genome, National Institute of Agrobiological Science, Japan)

Deletion mapping of the od gene which causes translucent larval skin in the silkworm Bombyx mori.

International Congress of Insect Biotechnology & Industry (ICIBI)

August 19- 24, 2007, Daegu, Republic of Korea.

一般講演(ポスター発表)

国際会議

○嶋田 透1、河岡慎平1、孟 艶1、大門高明1、船隈俊介1、勝間 進1、伊藤克彦1,2、門野敬子2、三田和英2(1東京大学・大学院農学生命科学研究科・昆虫遺伝研究室、2農業生物資源研究所・昆虫ゲノム研究・情報解析ユニット)

カイコゲノムの特徴と生体防御.

日本比較免疫学会第19回学術集会 シンポジウム「ゲノムからみる比較免疫学」

2007年8月22日(水),浜松市舞阪文化センター(浜松市西区舞阪町舞阪2701-1 )

招待講演(口頭発表)

国内

○嶋田透1、大門高明1、孟艶1、吉永武史1、勝間進1、三田和英2(1東大・院農、2農業生物資源研)

カイコゲノムから見える遺伝子の水平移動.

日本進化学会 第9回 京都大会 ワークショップWS05「カイコゲノムの解析から見える昆虫の適応進化

2007年9月2日(日)9:00-12:00,京都大学 吉田キャンパス,D会場

企画講演(口頭発表)

国内

○河岡慎平1、船隈俊介1,3、林伸光1、岸野洋久1、大室奈緒子1、 勝間進1、三田和英2、嶋田透1(1.東大・農,2.農業生物資源研,3.現片倉工業)

カイコ卵巣に局在するSmall RNAの性状解析.

RNAi研究会2007

2007年9月10日〜12日,琉球大学 理系複合棟102室

企画講演(口頭発表)

国内

○伊藤克彦1)2)、城所久良子1)、Andrew Kalyebi1)、山本公子1)、野畑順子1)、田村俊樹1)、三田 和英1)、勝間進2)、嶋田透2)、門野敬子1)[1)農業生物資源研究所、2)東大・院農]

カイコ濃核病ウイルス抵抗性遺伝子の単離と解析.

東京大学生命科学研究ネットワークシンポジウム2007

2007年9月15日(土)9:30〜17:45 東京大学安田講堂・工学部2号館

ポスター発表

国内

○孟 艶・吉永武史・大門高明・勝間進・嶋田透(東京大学大学院農学生命科学研究科)

Functional studies on β-fructofuranosidase genes horizontally transferred from bacteria to Lepidoptera.

東京大学生命科学研究ネットワークシンポジウム2007

2007年9月15日(土)9:30〜17:45 東京大学安田講堂・工学部2号館

ポスター発表

国内

○藤井告1・阿部広明2・河岡慎平1・勝間進1・三田和英3・嶋田透1(1.東京大学大学院農学生命科学研究科,2.東京農工大学,3.農業生物資源研究所)

Deletion mapping of the od gene which causes translucent larval skin in the silkworm Bombyx mori.

東京大学生命科学研究ネットワークシンポジウム2007

2007年9月15日(土)9:30〜17:45 東京大学安田講堂・工学部2号館

ポスター発表

国内

展示責任者:大門高明・嶋田透(東大・農),発表者:藤井告・伊藤克彦・河岡慎平・浦野慶(東大・農)

カイコゲノムから読みとる昆虫の進化

「ゲノム研究勢ぞろい」(ゲノムひろば2007 〜最先端の生命科学が大集合)

2007年10月13日(土)〜10月14日(日),大阪 OMMビル2階(大阪市中央区大手前 地下鉄・京阪「天満橋」駅下車)

ポスターセッション

国内

○嶋田 透(東京大学大学院農学生命科学研究科)

カイコのゲノム解析の現状とモデル生物としての意義.

日本薬学会関東支部 学術講演会(薬学領域研究における線虫・ショウジョウバエ・カイコの有用性)

2007年10月20日(土)13時〜,日本薬学会長井記念ホール

招待講演(口頭発表)

国内

○嶋田 透(東京大学大学院農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻)

外山亀太郎が興したカイコの遺伝学の今日的意義.

第33東京大学農学部公開セミナー「農学を創った人、農学が創ったもの」

2007年11月3日(土;文化の日)13:30-16:30,東京大学弥生講堂一条ホール

招待講演(口頭発表)

国内

○藤井告(東大農)・大沼昭夫(蚕技研)・阿部広明(農工大農)・三田和 英(生物研)・勝間進・嶋田透(東大農)

軟体形質を発現するspli のポジショナルクローニング

日本蚕糸学会関東支部第58回学術講演会

2006年11月17(土),東京大学農学部(1号館2階,第8講義室),東京都文京区弥生1-1-1

一般講演(口述)

国内学会

○佐藤丈太郎・大門高明・光廣政男(東大農)・内野恵郎・瀬筒秀樹・小林 功・田村俊樹(生物研)・勝間進・嶋田透(東大農)

カイコのジーントラップ法の開発

日本蚕糸学会関東支部第58回学術講演会

2006年11月17(土),東京大学農学部(1号館2階,第8講義室),東京都文京区弥生1-1-1

一般講演(口述)

国内学会

○南 皓輔・河岡慎平(東大農)・三田和英(生物研)・勝間 進・嶋田  透(東大農)

SIWIおよびBmAGO3はカイコの正常な卵形成に必要である

日本蚕糸学会関東支部第58回学術講演会

2006年11月17(土),東京大学農学部(1号館2階,第8講義室),東京都文京区弥生1-1-1

一般講演(口述)

国内学会

○浦野 慶・大門高明(東大農)・三田和英(生物研)・伴野豊(九大農)・勝間進・嶋田透(東大農)

臭蚕におけるイソバレリルCoA脱水素酵素遺伝子の変異

日本蚕糸学会関東支部第58回学術講演会

2006年11月17(土),東京大学農学部(1号館2階,第8講義室),東京都文京区弥生1-1-1

一般講演(口述)

国内学会

○中西正・勝間進(東大農)・後藤千枝(中央農研)・小林迪弘(名大農)・嶋田透(東大農)

組換えBmNPVを用いたバキュロウイルスFP25Kホモログの比較解析

日本蚕糸学会関東支部第58回学術講演会

2006年11月17(土),東京大学農学部(1号館2階,第8講義室),東京都文京区弥生1-1-1

一般講演(口述)

国内学会

○一ツ山知行(宇大農)・勝間進・大門高明・嶋田透(東大農)・今西重雄(生物研)・川崎秀樹・岩永将司(宇大農)

ウイルスフリー細胞株を用いたBmMLV増殖機構の解析

日本蚕糸学会関東支部第58回学術講演会

2006年11月17(土),東京大学農学部(1号館2階,第8講義室),東京都文京区弥生1-1-1

一般講演(口述)

国内学会

○吉永武史・孟艶・大門高明・勝間進・嶋田透(東大農)

クワカミキリとキボシカミキリのβ−フルクトフラノシダーゼ遺伝子のクローニング

日本蚕糸学会関東支部第58回学術講演会

2006年11月17(土),東京大学農学部(1号館2階,第8講義室),東京都文京区弥生1-1-1

一般講演(口述)

国内学会

○Tsuguru Fujii1,2, Hiroaki Abe3, Akio Ohnuma4, Kazuei Mita5, Susumu Katsuma2, and Toru Shimada1,2 (1. Professional Program for Agricultural Bioinformatics, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo, Yayoi, Bunkyo-ku, Tokyo, Japan; 2. Laboratory of Insect Genetics and Bioscience, Department of Agricultural and Environmental Biology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences The University of Tokyo, Yayoi, Bunkyo-ku, Tokyo, Japan; 3. Institute of Symbiotic Science and Technology, Tokyo University of Agriculture and Technology, Saiwai-cho, Fuchu, Tokyo, Japan; 4. Institute of Sericulture, Iikura, Ami-machi, Ibaraki, Japan; 5. Laboratory of Insect Genome, National Institute of Agrobiological Sciences (NIAS), Owashi, Tsukuba, Ibaraki, Japan)

Mapping and positional cloning of several mutant genes on the Z chromosome in the silkworm, Bombyx mori.

The University of Tokyo International Symposium - Frontier of Microbial and Plant Biotechnology in Environmental and Life Sciences (130th Anniversary THE UNIVERSITY OF TOKYO).

December 5-6, 2007 Yayoi Auditorium, 1-1-1 Yayoi, Bunkyo-ku, Tokyo, Japan.

一般講演(ポスター発表)

国内開催の国際学会

○鈴木雅京1・今西重雄2・嶋田透3・松本正吾1 (1理研,2生物研,3東大・農)

カイコのdoublesexホモログBmdsxの性特異的スプライ シング制御因子の同定.

BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会)

2007年12月11日(火)〜15日(土),パシフィコ横浜・ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル

ポスター発表

国内

○Yan Meng, Takeshi Yoshinaga, Takaaki Daimon, Tomohiro Taguchi1, Susumu Katsuma, and Toru Shimada (Graduate School of Agricultural and Life Science, The University of Tokyo; 1present affiliation, NTT Comm.)

Functional studies on β-fructofuranosidase genes horizontally transferred from bacteria to Lepidoptera.

BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会)

2007年12月11日(火)〜15日(土),パシフィコ横浜・ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル

口頭発表およびポスター発表

国内

○一ツ山知行1・勝間進2・大門高明2・嶋田透2・今西重雄3・川崎秀樹1・岩永将司1(1 宇大 , 2 東大 , 3 生物研)

カイコ培養細胞に慢性感染するBmMLVの感染増殖機構の解析.

BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会)

2007年12月11日(火)〜15日(土),パシフィコ横浜・ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル

ポスター発表

国内

学会発表のページへ戻る