学会発表のページへ戻る

嶋田の学会発表リスト(2006年)

演者名

演題名

学会名

開催日と開催場所

一般講演/招待講演の別

国内/国外の別

○Kazuei Mita, Masahiro Kasahara, Shin Sasaki, Yukinobu Nagayasu, Tomoyuki Yamada, Hiroyuki Kanamori, Nobukazu Namiki, Masanari Kitagawa, Hidetoshi Yamashita, Yuji Yasukochi, Keiko Kadono-Okuda, Kimiko Yamamoto, Masahiro Ajimura, Gopalapillai Ravikumar, Michihiko Shimomura, Yoshiaki Nagamura, Tadasu Shin-i, Hiroaki Abe, Toru Shimada, Shinichi Morishita, and Takuji Sasaki

Prospects on the Bombyx genome analysis.

International Symposium on Insect Genetics and Genomics

2006年1月9日〜11日,インド・ハイデラバ−ド市・CDFD研究所(Centre for DNA Fingerprinting and Diagnostics)

招待講演(口頭発表)

国際学会

○Takaaki Daimon, Susumu Katsuma and Toru Shimada (University of Tokyo)

Characterization of the BmNPV chitinase and its host orthologs, BmChi-h.

International Symposium on Insect Genetics and Genomics

2006年1月9日〜11日,インド・ハイデラバ−ド市・CDFD研究所(Centre for DNA Fingerprinting and Diagnostics)

一般講演(口頭発表)

国際学会

○Susumu Katsuma, Takaaki Daimon, Satoshi Horie, and Toru Shimada (Laboratory of Insect Genetics and Bioscience, University of Tokyo,1-1-1 Yayoi, Tokyo 113-8657, JAPAN)

Functional characterization of a baculoviral fibroblast growth factor (vFGF) and its host receptor

International Symposium on Insect Genetics and Genomics

2006年1月9日〜11日,インド・ハイデラバ−ド市・CDFD研究所(Centre for DNA Fingerprinting and Diagnostics)

招待講演(口頭発表)

国際学会

○岩井幸夫1・嶋田透2・竹田真木生1(1.神戸大・自然科学,2.東大・農)

カイコに存在する2種類の概日時計光受容体cryptochrome遺伝子の構造と発現について.

第50回日本応用動物昆虫学会大会

2006年3月27日〜29日,筑波大学第三学群

一般講演(口頭発表)

国内

○嶋田 透(東大・農)

昆虫ゲノム情報を利用した研究プロジェクトの企画立案.

第50回日本応用動物昆虫学会大会,小集会「これからの時代の研究戦略─汝は如何に生き延びるべきか!?─」(世話人:立田晴記・高梨琢磨)

2006年3月27日〜29日,筑波大学第三学群

一般講演(口頭発表)

国内

○大門高明1・勝間進1・姜媛瓊2・嶋田透1 (1.東大院農, 2.理研・分子昆虫)

Cydia pomonera granulovirus (CpGV) chitinaseの機能解析.

日本蚕糸学会第76回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2006年3月30-31日,京都工芸繊維大学(京都市左京区松ヶ崎)

一般講演(口頭発表)

国内

○船隈俊介1・大室奈緒子1・勝間進1・嶋田透1 (1.東大農)

カイコ卵巣小管に多く含まれる低分子RNA.

日本蚕糸学会第76回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2006年3月30-31日,京都工芸繊維大学(京都市左京区松ヶ崎)

一般講演(口頭発表)

国内

○村上陽子1・大室奈緒子1・船隈俊介1・勝間進1・三田和英 2・鈴木雅京3・嶋田透1 (1.東大農,2.生物研,3.理研)

カイコのDNAメチル転移酵素遺伝子の構造と機能.

日本蚕糸学会第76回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2006年3月30-31日,京都工芸繊維大学(京都市左京区松ヶ崎)

一般講演(口頭発表)

国内

○石松芽衣1・勝間 進1・船隈俊介1・三田和英2・門田幸二1・嶋田 透1(1.東大・農、2.生物研)

カイコ雌成虫の脳における遺伝子発現のマイクロアレイ解析.

日本蚕糸学会第76回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2006年3月30-31日,京都工芸繊維大学(京都市左京区松ヶ崎)

一般講演(口頭発表)

国内

○光廣政男1・藤川研人1,4・大室奈緒子1・大門高明1・阿部広明2・三田和英3・勝間進1・嶋田透1(1.東大農、2.農工大、3.生物研、4.現クミアイ化学)

カイコゲノムに発見した新たな転移因子様配列Yabusameの構造と変異.

日本蚕糸学会第76回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2006年3月30-31日,京都工芸繊維大学(京都市左京区松ヶ崎)

一般講演(口頭発表)

国内

○勝間進・大門高明・嶋田透(東大院農 生産・環境生物学専攻)

バキュロウイルスがコードするFGFホモログの機能解析.

日本蚕糸学会第76回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2006年3月30-31日,京都工芸繊維大学(京都市左京区松ヶ崎)

一般講演(口頭発表)

国内

○松井義樹1,鈴木佑典2,鈴木実2,小澤隆二1,高橋正1,平秀晴1,嶋田透3,山下哲郎1(1岩手大農・農生,2理研フロンティア,3東大・院農生科)

カイコ後部絹糸腺におけるストレス誘導タンパク質の解析.

日本蚕糸学会第76回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2006年3月30-31日,京都工芸繊維大学(京都市左京区松ヶ崎)

一般講演(口頭発表)

国内

○鈴木雅京1・今西重雄2・嶋田 透3・松本正吾1(1.理研、2.生物研、3.東大農)

Bmdsxのオス型スプライシングを制御するシスエレメント.

日本蚕糸学会第76回大会(蚕糸・昆虫機能学術講演会)

2006年3月30-31日,京都工芸繊維大学(京都市左京区松ヶ崎)

一般講演(口頭発表)

国内

○河岡慎平・大室奈緒子・藤田英美・船隈俊介・大門高明・勝間 進・嶋田 透(東大・農)

エリサンから発見された新規な抗菌タンパク質様遺伝子.

日本野蚕学会第12回大会

2006年6月17日(土),東京農業大学 世田谷キャンパス

一般講演(口頭発表)

国内学会

○Shunsuke Funaguma, Naoko Omuro, Susumu Katsuma and Toru Shimada (Lab. of Insect Genetics and Biosci., Grad. Sch. of Agric. and Life Sci., Univ. of Tokyo)

Small RNA abundant in Bombyx mori ovary.

20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology (第20回国際生化学・分子生物学会議)

2006年6月18日〜23日,国立京都国際会館・京都宝ヶ池プリンスホテル

一般講演(ポスター発表)

国内開催の国際学会

○Hiroshi Kasuga1, Hiroshi Hamamoto1, Yutaka Orihara2, Takaaki Daimon3, Toru Shimada3, Kazuhisa Sekimizu1 (1Lab. of Dev. Biochem., Grad. Sch. of Pharm. Sci., Univ. of Tokyo; 2Exp. Station for Med. Plant Studies., Grad. Sch. of Pharm. Sci., The Univ. of Tokyo; 3Lab. of Insect Genetics and Biosci., Grad. Sch. of Agric. and Life Sci., Univ. of Tokyo)

Quantitative evaluation of therapeutic effect of antiviral drugs using silkworm a viral infection model of silkworm, Bombyx mori.

20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology (第20回国際生化学・分子生物学会議)

2006年6月18日〜23日,国立京都国際会館・京都宝ヶ池プリンスホテル

一般講演(ポスター発表)

国内開催の国際学会

○Hiroshi Hamamoto1, Koushirou Kamura1, Kohji Ueno2, Toru Shimada3, Kazuhisa Sekimizu1 (1Lab. of Dev. Biochem., Grad. Sch. of Pharm. Sci., Univ. of Tokyo.; 2Lab. of Microbiol., Fac. of Pharmacy, Musashino Univ.; 3Lab of Insect Genetics and Biosci., Grad. Sch. of Agric. Life Sci., Univ. of Tokyo)

Arylsulfatase found in the midgut digesta of silkworm larvae is secreted from silk glands.

20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology (第20回国際生化学・分子生物学会議)

2006年6月18日〜23日,国立京都国際会館・京都宝ヶ池プリンスホテル

一般講演(ポスター発表)

国内開催の国際学会

○H. ABE1, T. Fujii2, K. Mita3, M. Ajimura3, T. Shimada2 (1 Department of Biological Production, Faculty of Agriculture, Tokyo University of Agriculture and Technology, Tokyo, Japan; 2 Department of Agricultural and Environmental Biology, Graduate school of Agricultual and Life Sciences, The University of Tokyo, Tokyo, Japan; 3 Laboratory of Insect Genome, National Institute of Agrobiological Science, Tsukuba, Japan)

Identification of the Female-Determining Region of the Bombyx mori W Chromosome by using W Chromosome Variants.

The Seventh International Workshop on MOLECULAR BIOLOGY AND GENETICS OF THE LEPIDOPTERA

August 20-26, 2006, the Orthodox Academy in Kolympari, Crete, Greece

一般講演(口述)

国際学会

○M. AJIMURA1, K. Sahara2, H. Abe3, T. Tamura4, T. Shimada5, K. Mita1 (1 Insect Genome Research Unit, Nat'l Institute of Agrobiol. Sciences, Tsukuba, Japan; 2 Div. of Applied Bioscience, Grad. School of Agric., Hokkaido University. Sapporo, Japan; 3 Faculty of Agric., Tokyo University of Agric. and Tech., Tokyo, Japan; 4 Transgenic Silkworm Res. Center, Nat'l Institute of Agrobiol. Sciences, Tsukuba, Japan; 5 Dept. of Agric. and Environ. Biology, University of Tokyo, Tokyo, Japan)

Are the zinc-finger motif genes, z1 and z20, located in the W chromosome involved in the sex-determination of the domesticated silkworm, Bombyx mori?

The Seventh International Workshop on MOLECULAR BIOLOGY AND GENETICS OF THE LEPIDOPTERA

August 20-26, 2006, the Orthodox Academy in Kolympari, Crete, Greece

一般講演(口述)

国際学会

○T. FUJII1, H. Abe2, K. Mita3, S. Katsuma1, T. Shimada1 (1Department of Agricultural and Environmental Biology, Graduate School of Agricultual and Life Sciences, The University of Tokyo, Tokyo, Japan; 2Department of Biological Production, Faculty of Agriculture, Tokyo University of Agriculture and Technology, Tokyo, Japan; 3Laboratory of Insect Genome, National Institute of Agrobiological Science, Tsukuba, Japan)

Flapless phenotype caused by the partial deletion of the Z chromosome in the silkworm, Bombyx mori.

The Seventh International Workshop on MOLECULAR BIOLOGY AND GENETICS OF THE LEPIDOPTERA

August 20-26, 2006, the Orthodox Academy in Kolympari, Crete, Greece

一般講演(口述)

国際学会

○K. Mita, M. Kasahara, S. Sasaki, Y. Nagayasu, T. Yamada, H. Kanamori, N. Namiki, M. Kitagawa, H. Yamashita, Y. Yasukochi, K. Kadono-Okuda, K. Yamamoto, M. Ajimura, G. Rvikumar, M. Shimomura, Y. Nagamura, T. Shin-I, H. Abe, T. Shimada, S. Morishita, and T. Sasaki (Genome Research Department, National Institute of Agrobiological Sciences, Japan)

Prospects on the Bombyx genome analysis.

The Seventh International Workshop on MOLECULAR BIOLOGY AND GENETICS OF THE LEPIDOPTERA

August 20-26, 2006, the Orthodox Academy in Kolympari, Crete, Greece

一般講演(口述)

国際学会

○J. NOHATA1, K. Yamamoto1, Y.K. Park1, K. Kadono-Okuda1, T. Kanda1, T. Tamura1, T. Shimada2, K. Osoegawa4, P. deJong4 , K. Mita1 and M.R. Goldsmith3 (1National Institute of Agrobiological Sciences, Tsukuba, Japan; 2Dept. of Agric. and Envir. Biology, University of Tokyo, Tokyo, Japan; 3Biological Sciences Dept., University of Rhode Island, Kingston, RI, USA; 4Children's Hospital Oakland Research Inst., Oakland, CA, USA.)

Construction of BAC Contigs Covering the Chorion Locus of Bombyx mori.

The Seventh International Workshop on MOLECULAR BIOLOGY AND GENETICS OF THE LEPIDOPTERA

August 20-26, 2006, the Orthodox Academy in Kolympari, Crete, Greece

一般講演(口述)

国際学会

○勝間進1・大門高明1・嶋田透1(1東大院農 生産・環境生物学専攻)

バキュロウイルスがコードするFGFホモログの機能解析

昆虫ワークショップ06

2006年9月13日(水)〜15日(金)石川県青少年総合研修センター「ユースパルいしかわ」(石川県金沢市 常盤町212-1)

一般講演(口述)

国内学会

○藤井告1, 阿部広明2, 勝間進1, 嶋田透1(1.東大・農,2.農工大)

カイコのZ染色体上における間接飛翔筋形成に関与するハプロ不全遺伝子の存在

昆虫ワークショップ06

2006年9月13日(水)〜15日(金)石川県青少年総合研修センター「ユースパルいしかわ」(石川県金沢市 常盤町212-1)

一般講演(口述)

国内学会

○勝間進、大門高明、嶋田透(東大・農)

バキュロウイルスが持つ宿主相同遺伝子の機能解明に向けた研究

第7回昆虫病理研究会・第12回BT研究会(シンポジウム:バキュロウイルス研究の最前線)

2006年9月28日(木)〜30日(土),富士Calm(財団法人 人材開発センター 富士研修所,山梨県富士吉田市新屋1400)

招待講演(口述)

国内学会

○大門高明、勝間進、嶋田透(東大院農)

バキュロウイルスがコードするキチナーゼ:宿主遺伝子の盗用と改変

第7回昆虫病理研究会・第12回BT研究会

2006年9月28日(木)〜30日(土),富士Calm(財団法人 人材開発センター 富士研修所,山梨県富士吉田市新屋1400)

一般講演(口述)

国内学会

○伊藤克彦1、2、城所久良子2、山本公子2、野畑順子2、笹沼俊一2、笹沼基恵2、江口良橘2、原和二郎2、三田和英2、勝間進1、嶋田透1、門野敬子2(1東大院農、2生物研)

カイコ2型濃核病ウイルス抵抗性遺伝子nsd-2の単離と解析

第7回昆虫病理研究会・第12回BT研究会

2006年9月28日(木)〜30日(土),富士Calm(財団法人 人材開発センター 富士研修所,山梨県富士吉田市新屋1400)

一般講演(口述)

国内学会

○Yan Meng, Naoko Omuro, Emi Fujita, Shunsuke Funaguma, Takaaki Daimon, Shinpei Kawaoka, Susumu Katsuma, and Toru Shimada

Storage protein genes are repressed after bacterial challenge in Samia cynthia ricini.

The Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology (APSERI 2006)

October 11-15, 2006, Sangju City, Gyeongsangbuk-Do, Republic of Korea.

一般講演(口述)

国際学会

展示責任者:嶋田透(東大・農),発表者:藤井告・光廣政男・河岡慎平・吉永武史・勝間進ほか(東大・農)

カイコゲノムから読みとる昆虫の進化

「ゲノム勢ぞろい」,ゲノムひろば2006in東京

2006年11月4日(土)〜11月5日(日),丸ビルホール&コンファレンススクエア,東京都千代田区丸の内

ポスターセッション

国内

○中西正・勝間進・大門高明・嶋田透(東大農)

バキュロウイルスがコードするFP25Kの機能解析

日本蚕糸学会関東支部第57回学術講演会

2006年11月16(木)〜17日(金),蚕糸会館(6階 第1会議室および第2会議室),東京都千代田区有楽町1-9-4

一般講演(口述)

国内学会

○孟 艶・大室奈緒子・藤田英美・河岡慎平・吉永武史・勝間 進・嶋田 透(東大農)

エリサンへの大腸菌の注射による貯蔵タンパク質の発現抑制

日本蚕糸学会関東支部第57回学術講演会

2006年11月16(木)〜17日(金),蚕糸会館(6階 第1会議室および第2会議室),東京都千代田区有楽町1-9-4

一般講演(口述)

国内学会

○河岡慎平1・船隈俊介1・孟 艶1・大室奈緒子1・三田和英2・勝間進1・     嶋田透1(1.東大・農、2.生物研)

カイコのグロビン様遺伝子の構造と発現

日本蚕糸学会関東支部第57回学術講演会

2006年11月16(木)〜17日(金),蚕糸会館(6階 第1会議室および第2会議室),東京都千代田区有楽町1-9-4

一般講演(口述)

国内学会

○村上陽子・大室奈緒子・船隈俊介・勝間進・嶋田透(東大農)

DNAメチル転移酵素遺伝子の発現量の組織間差異

日本蚕糸学会関東支部第57回学術講演会

2006年11月16(木)〜17日(金),蚕糸会館(6階 第1会議室および第2会議室),東京都千代田区有楽町1-9-4

一般講演(口述)

国内学会

○光廣政男・大室奈緒子・大門高明・勝間進(東大農)・藤川研人(クミアイ化学)・阿部広明(農工大)・三田和英(生物研)・嶋田透(東大農)

カイコゲノムに発見した新たな転移因子様配列Yabusameの転移活性

日本蚕糸学会関東支部第57回学術講演会

2006年11月16(木)〜17日(金),蚕糸会館(6階 第1会議室および第2会議室),東京都千代田区有楽町1-9-4

一般講演(口述)

国内学会

○松島雄大・一ツ山知行(宇大)・勝間進・大門高明・大室奈緒子・嶋田透(東大)・今西重雄(生物研)・川崎秀樹・岩永将司(宇大)

BmMLVがコードする各遺伝子の解析

日本蚕糸学会関東支部第57回学術講演会

2006年11月16(木)〜17日(金),蚕糸会館(6階 第1会議室および第2会議室),東京都千代田区有楽町1-9-4

一般講演(口述)

国内学会

○一ツ山知行・松島雄大(宇大)・勝間進・大門高明・大室奈緒子・嶋田透(東大)・今西重雄(生物研)・川崎秀樹・岩永将司(宇大)

BmMLVの慢性感染に関する解析

日本蚕糸学会関東支部第57回学術講演会

2006年11月16(木)〜17日(金),蚕糸会館(6階 第1会議室および第2会議室),東京都千代田区有楽町1-9-4

一般講演(口述)

国内学会

○嶋田 透 (東京大学 大学院農学生命科学研究科)

カイコゲノムから読みとる昆虫の進化

「ゲノムセミナー」,ゲノムひろば2006in京都

2006年11月18日(土),京都大学百周時計台記念館,京都市左京区吉田本町

招待講演(口述)

国内

○大門高明・勝間進・嶋田透(東京大学大学院農学生命科学研究科)

バキュロウイルスがコードするキチナーゼ:宿主遺伝子の獲得とその改変

東京大学生命科学研究ネットワークシンポジウム

2006年11月25日(土)9:30-17:45,東京大学安田講堂および工学部2号館

一般講演(ポスター)

国内学会

○藤井告1, 阿部広明2, 勝間進1, 三田和英3, 嶋田透1(1東大院農, 2農工大農, 3 生物研)

カイコのZ染色体に存在する間接飛翔筋形成に関与するハプロ不全遺伝子に関する研究 (Genetic analysis of the haploinsufficient gene related to the indirect flight muscle development located on the Z chromosome of the silkworm, Bombyx mori)

日本分子生物学2006フォーラム(分子生物学の未来)

2006年12月6日(水)〜8日(金),名古屋国際会議場

一般講演(ポスター)

国内学会

○大林 富美1;二階堂 愛2;鈴木 啓一郎1;嶋田 透3;大室 奈緒子3;三井 薫1;岡崎 康司2;三谷 幸之介1(1埼玉医大・ゲノム研究セ・遺伝子治療, 2埼玉医大・ゲノム研究セ・ゲノム科学, 3東大院農・生産・環境生物)

外来二本鎖 DNA のマウス染色体への組み込み特性

日本分子生物学2006フォーラム(分子生物学の未来)

2006年12月6日(水)〜8日(金),名古屋国際会議場

一般講演(ポスター)

国内学会

○吉永武史1・孟艶2・田口知宏2,3・大門高明2・大室奈緒子2・勝間進2・嶋田透2 (1.東大・農、2.東大・院農生科、3.現NTTコミュ)

鱗翅目昆虫のスクラーゼ遺伝子における寄主植物への適応進化

日本分子生物学2006フォーラム(分子生物学の未来)

2006年12月6日(水)〜8日(金),名古屋国際会議場

一般講演(ポスター)

国内学会

学会発表のページへ戻る