学会発表のページへ戻る

嶋田の学会発表リスト(2005年)

演者名

演題名

学会名

開催日と開催場所

一般講演/招待講演の別

国内/国外の別

○嶋田 透(東大・農)

昆虫の比較ゲノミクスとエピジェネティクス

東京大学エピジェネティクス研究会シンポジウム「様々な生物のエピジェネティクス」

2005年2月23日(水)、東京大学農学部弥生講堂(一条ホール)

招待講演(口述)

国内

○田村俊樹1・三田和英1・嶋田透2(1農業生物資源研究所,2東京大学)

カイコの遺伝子機能解析システムの構築.

研究成果発表会 基礎研究推進事業/新事業創出研究開発事業 2004年度終了課題 主催:独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター(生研センター)

2005年3月2日(水),東京国際フォーラム(ホールD7)

一般講演(口述)

国内

○嶋田透(東大・農)

カイコおよび近縁昆虫のゲノム情報の解析と利用.

農学生命情報科学大学院教育研究ユニットシンポジウム

2005年3月4日(金),東京大学弥生講堂一条ホール

招待講演(口述)

国内

○嶋田透(東大・農)

カイコゲノム研究の現状と今後の展開.

信州大学繊維学部特別講演会

2005年3月7日(月)10:00,信州大学繊維学部

招待講演(口述)

国内

○Toru Shimada (Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo)

Genomics of sex and reproduction in Bombyx mori.

NIAS/COEプロジェクト「昆虫機能利用」平成17年度第2回国際シンポジウム「遺伝資源を利用した昆虫機能解析 Genetic resources and functional genomics in insects」

2005年3月8日(火)−9日(水),つくば国際会議場(茨城県つくば市)

招待講演(口述)

国内で開催される国際会議

○嶋田透1,小池淑子1*,照屋伝1#,三田和英2(1東大・農・昆虫遺伝,2生物研・昆虫ゲノム,*現国際医療センター,#現中外製薬)

ゲノムから生物機能へ:カイコのZ染色体を例にして

第49回日本応用動物昆虫学会大会,小集会「昆虫ゲノム解析入門」

2005年3月24日−26日,玉川大学(東京都町田市)

招待講演(口述)

国内

○田口知宏1・大門高明1・三田和英2・嶋田透1(1.東大農、2.生物研)

細菌のβ-fructofuranosidase遺伝子に相同なカイコの遺伝子

蚕糸・昆虫機能学術講演会〜平成17年度日本蚕糸学会第75回大会

2005年4月3日(日)〜4月4日(月),東京大学農学部キャンパス

一般講演(口述)

国内

○藤井告1・横山岳1・阿部広明1・蜷木理1・黄色俊一1・石川剛弘2・根井充2・嶋田透3(1.農工大農、2.放医研、3.東大農)

Z染色体の末端部の過剰と欠損に起因する卵形成と雄の羽ばたき行動の異常

蚕糸・昆虫機能学術講演会〜平成17年度日本蚕糸学会第75回大会

2005年4月3日(日)〜4月4日(月),東京大学農学部キャンパス

一般講演(口述)

国内

○阿部広明1・藤井 告1・横山 岳1・黄色俊一1・伴野 豊2・三田和英3・味村正博3・嶋田 透4(1.農工大農、2.九大院農、3.農生研、4.東大院農)

限性黄色繭のW染色体部位のW特異的RAPD保有状況

蚕糸・昆虫機能学術講演会〜平成17年度日本蚕糸学会第75回大会

2005年4月3日(日)〜4月4日(月),東京大学農学部キャンパス

一般講演(口述)

国内

○澤 宏典1・神崎亮平2・嶋田 透1 (1.東大・農、2.東大・情報理工)

カイコとクワコの交雑後代における飛翔行動の遺伝

蚕糸・昆虫機能学術講演会〜平成17年度日本蚕糸学会第75回大会

2005年4月3日(日)〜4月4日(月),東京大学農学部キャンパス

一般講演(口述)

国内

○鈴木雅京1・今西重雄2・松本正吾1・嶋田 透3(1.理研、2.生物研、3.東大農)

Bmdsxの性特異的スプライシングを制御するシスエレメントの同定

蚕糸・昆虫機能学術講演会〜平成17年度日本蚕糸学会第75回大会

2005年4月3日(日)〜4月4日(月),東京大学農学部キャンパス

一般講演(口述)

国内

○船隈俊介1・橋本真一2・鈴木穣3・大室奈緒子1・菅野純夫3・三田和英4・嶋田透1 (1東大農・2東大医・3東大新領域・4生物研)

カイコ卵原細胞の分化に関与する遺伝子群の同定

蚕糸・昆虫機能学術講演会〜平成17年度日本蚕糸学会第75回大会

2005年4月3日(日)〜4月4日(月),東京大学農学部キャンパス

一般講演(口述)

国内

○大門高明1・勝間進1,2・嶋田透1(1.東大農, 2.現京大薬)

細菌型キチナーゼ遺伝子の水平転移と機能的分化

蚕糸・昆虫機能学術講演会〜平成17年度日本蚕糸学会第75回大会(シンポジウム)

2005年4月3日(日)〜4月4日(月),東京大学農学部キャンパス

シンポジウム講演(口述)

国内

月岡春奈1・○日下部宜宏2・岡野和広3・三田和英4・嶋田透5・高橋将晃1・門宏明1・古賀克己2・河口豊2(1.九大院生資環、2.九大院農、3.理研、4.生物研、5.東大院農生命)

染色体外DNA二重鎖切断の修復に関わるカイコ遺伝子の機能解析

蚕糸・昆虫機能学術講演会〜平成17年度日本蚕糸学会第75回大会(シンポジウム)

2005年4月3日(日)〜4月4日(月),東京大学農学部キャンパス

シンポジウム講演(口述)

国内

○Hideki Kawasaki (a), Ote Manabu (c,$) , Toru Shimada (c), Okano Kazuhiro (d, #), Quan Guo-Xing (a,*) and Kazuei Mita (b) (a Faculty of Agriculture, Utsunomiya University, 350 Mine, Utsunomiya, Tochigi 321-8505, Japan; b National Institute of Agrobiological Sciences, Owashi 1-2, Tsukuba 305-8643, Japan; c Department of Agricultural and Environmental Biology, University of Tokyo, Yayoi 1-1-1, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan; d Laboratory of Molecular Entomology and Bac ulovirology, The Institute of Physical and Chemical Research (RIKEN), Hirosawa 2-1, Wako, Saitama 351-0198, Japan; $ Present address: Laboratory of Genetics, School of Science and Engineering, Waseda University, 2-7-5 Higashifushimi, Nishi-tokyo, Tokyo 20 2-0021, Japan #Present address: Dept. of Microbiology, Nash Hall 220, Oregon State University, Corvallis, OR 97331-3804, USA; *Present address: Department of Microbiology, University of Guelph, Guelph, ON, N1G 2W1, Canada)

Change in the expressed gene patterns of the wing disc during the metamorphosis of Bombyx mori.

Taiwan-Japan-Czech Republic Tri-countries Cooperation Symposium on Entomology

April 18 - 22, 2005, National Taiwan University, Taiwan

一般講演(口述)

国際会議

○嶋田透(東大・農)

カイコゲノムに存在する鱗翅目昆虫特異的な遺伝子

日本学術会議育種学研究連絡委員会/日本育種学会共催シンポジウム「動植物育種の未来とゲノム研究」

2005年6月11日(土)13:00-17:30,東京大学農学部1号館8番教室(東京都文京区弥生1-1-1)

招待講演(口述)

国内

○嶋田 透(東大・農)

カイコのゲノム情報解読

第28回東京大学農学部公開セミナー アグリバイオインフォマティクス─農学の新たな展開─(司会:アグリバイオインフォマティクス人材養成ユニット助教授 中井雄治)

2005年6月18日(土)午後1時30分〜4時30分,東京大学 農学部 弥生講堂一条ホール(東京都文京区弥生1-1-1)

招待講演(口述)

国内

Takashi Sakudo(a), Hiroshi Kataoka(a), Hirohumi Fijimoto(b), Hideaki Maekawa(b), Yutaka Banno(c), Hiroshi Fujii(c), Toru Shimada(d) and ○Kozo Tsuchida(b)
(a Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, Kashiwa , Japan, b Division of Radiological Protection, National Institute of Infectious Diseases, Tokyo, Japan, c Institute of Genetic Resources, Kyushu University, Fukuoka, Japan, d Faculty of Agriculture, University of Tokyo, Tokyo, Japan.)

MOLECULAR ANALYSIS OF BOMBYX MORI MUTANTS IN DEFECT CAROTENOIDS TRANSPORT.

14th International Symposium on Carotenoids

July 17 - 22, 2005, International Conference Centre (EICC ), The Exchange, Edinburgh EH3 8EE, Scotland, UK.

一般講演(ポスター)

国際会議

○S. G. Kamita1, K. Nagasaka1, J. Chua1, T. Shimada2, K. Mita3, M. Kobayashi2, S. Maeda1, and B. D. Hammock1 (1Department of Entomology, U.C. Davis;2Department of Agricultural and Environmental Biology,University of Tokyo;3National Institute of Agrobiological Sciences, Japan)

A BmNPV-encoded phosphatase gene induces enhanced locomotory activity in silkworms.

Joint Meeting of the International Union of Microbiological Societies 2005.

July 23-28, 2005, The Moscone Center,San Francisco, USA.

一般講演

国際会議

○嶋田 透1・鈴木雅京2・大門高明1・船隈俊介1・田口知宏1・村上陽子1・田村俊樹3・三田和英3 (1.東大・農・昆虫遺伝,2.理研・分子昆虫,3.農業生物資源研)

鱗翅目昆虫特異的遺伝子の探索と機能解明

21世紀最大の未利用資源活用のための「昆虫・テクノロジー」研究プロジェクト成果発表会(3:昆虫特異機能の解明と利用技術開発)

2005年9月16日(金)9:45〜16:00,コンファレンススクエアM+ 10階グランド(東京都千代田区丸の内)

招待講演(口述)

国内

○嶋田透1・大門高明1・田口知宏1・勝間進1・三田和英2・Shizuo G. Kamita3・Bruce D. Hammock3 (1東大・農,2農業生物資源研,3カリフォルニア大学デービス校)

鱗翅目昆虫のゲノムに存在する水平移動型遺伝子と発生・行動の制御.

日本昆虫学会第65回大会(シンポジウム1「分子からみた昆虫の生活」オーガナイザー:本田計一(広大))

2005年9月24日(土)14:30〜17:00,岡山大学教育開発センター(岡山市津島中1-1-1)

招待講演(口述)

国内

○Susumu Katsuma, Takaaki Daimon, Toru Shimada (University of Tokyo)

Functional characterization of host gene homologues encoded by baculoviruses.

NIAS/COE International Symposium - Present Status of Studies for Utilization of Insect Properties. (organized by National Institute of Agrobiological Sciences (NIAS))

October 4th (Tue) -5th (Wed), 2005, Tsukuba International Congress Center (Epochal Tsukuba : Hall 200).

招待講演(口述)

国内

○嶋田透1・大門高明1・船隈俊介1・勝間進1・阿部広明2・三田和英3(1.東大・院農、2.農工大・農、3.農業生物資源研)

カイコのゲノム研究の現状と比較ゲノム解析への展開

日本動物学会第76回大会 シンポジウム「比較ゲノムの動物学」(オーガナイザー:堀寛(名古屋大学理学研究科),佐藤矩行(京都大学理学研究科))10月6日(木)9:00-11:30 (B会場)

2005年10月6日(木)〜8日(土),つくば国際会議場,茨城県つくば市竹園2-20-3

招待講演(口述)

国内

○Toru Shimada1, Takaaki Daimon1, Shunsuke Funaguma1, Manabu Ote1#, Susumu Katsuma1, Yutaka Suzuki2, Sumio Sugano2, Shin-ichi Hashimoto3, Masataka G. Suzuki4, Toshiki Tamura5, and Kazuei Mita5 (Graduate Schools of 1. Agricul tural and Life Sciences, 2. Frontier Sciences, and 3. Medicine, University of Tokyo; 4. RIKEN; 5. National Institute of Agrobiological_Sciences (# moved to Waseda University))

Recent advances in functional genomics of the silkworm.

The 5th Asia-Pacific Congress of Entomology

October 18~21, 2005, Ramada Plaza Jeju Hotel, Jeju, Korea

招待講演(Plenary lecture, Oct.20)(口述)

国際会議

○Kazuei Mita, Masahiro Kasahara, Shin Sasaki, Yukinobu Nagayasu, Tomoyuki Yamada, Hiroyuki Kanamori, Nobukazu Namiki, Masanari Kitagawa, Hidetoshi Yamashita, Yuji Yasukochi, Keiko Kadono-Okuda, Kimiko Yamamoto, Masahiro Ajimura, Gopalapillai Ravikumar, Michihiko Shimomura, Yoshiaki Nagamura, Tadasu Shin-i, Hiroaki Abe, Toru Shimada, Shinichi Morishita, and Takuji Sasaki

Prospects on the Bombyx Genome Analysis.

The 5th Asia-Pacific Congress of Entomology (Symposium "Silkworm and Silk - New Values")

October 18~21, 2005, Ramada Plaza Jeju Hotel, Jeju, Korea

招待講演(Symposium, Oct.20)(口述)

国際会議

○嘉村格士郎1、浜本洋1、上野孝治2、嶋田透3、関水和久1(1 東大院・薬・発生、2 武蔵野大・薬・微生物、3 東大院・農・昆虫遺伝)

Arylsulfatase in silkworm larva inner midgut is secreted from silk gland. (絹糸腺から分泌されるカイコ幼虫腸管内のアリルスルファターゼに関する研究)

第78回日本生化学会大会

2005年10月19日(水)〜22日(土),神戸国際会議場・神戸国際展示場・ポートピアホテル

一般講演

国内

○春日寛司1、浜本洋1、折原裕2、大門高明3、嶋田透3、関水和久1 (1 東大院・薬・発生, 2 東大院・薬・薬用植物園, 3 東大院・農・昆虫遺伝)

Quantitative Evaluation of Therapeutic Effect of Antiviral Drugs Using Silkworm Larvae Infected with Bombyx mori Nucleopolyhedrovirus (BmNPV)

第78回日本生化学会大会

2005年10月19日(水)〜22日(土),神戸国際会議場・神戸国際展示場・ポートピアホテル

一般講演

国内

○澤 宏典・大室奈緒子(東大農)・味村正博・三田和英(生物研)・阿部広明(農工大農)・黒木陽子(理研GSC)・藤山秋佐夫(情報研)・勝間 進・嶋田 透(東大農)

fosmidを用いたクワコのW染色体の構造解析

日本蚕糸学会関東支部第56回学術講演会

2005年11月26日〜27日,東京農工大学農学部キャンパス,東京都府中市晴見町 3-8-1

一般講演(口述)

国内

〇藤井告・阿部広明・横山岳・蜷木理・小原嘉明(農工大農)・伴野豊(九大院農)・嶋田透(東大農)

Z染色体のBmkettin-Vg間における間接飛翔筋形成に関与するhaploinsufficient gene の存在

日本蚕糸学会関東支部第56回学術講演会

2005年11月26日〜27日,東京農工大学農学部キャンパス,東京都府中市晴見町 3-8-1

一般講演(口述)

国内

○田口知宏1・大門高明1・大室奈緒子1・勝間進1・三田和英2・嶋田透(1.東大農、2.生物研)

細菌のβ-fructofuranosidase遺伝子に相同なカイコの遺伝子

第28回日本分子生物学会年会

2005年12月7日(水)〜10日(土),ヤフードーム(福岡市)

一般講演(ポスター)

国内

○浜本洋1,2 、嘉村格士郎2、上野孝治3、嶋田透4、関水和久1,2 (1 ゲノム創薬研究所、2 東大院・薬・発生、3 武蔵野大・薬・微生物、4 東大院・農・昆虫遺伝)

カイコ幼虫腸管内のアリルスルファターゼは,絹糸腺から餌へ分泌され,摂食とともに腸内へ至る

第28回日本分子生物学会年会

2005年12月7日(水)〜10日(土),ヤフードーム(福岡市)

一般講演(ポスター)

国内

○大門 高明1;勝間 進1;姜 媛瓊2;嶋田 透1(1.東大-院農-生産・環境, 2.理研-分子昆虫

バキュロウイルスによるキチナーゼ遺伝子のgene captureと機能的分化

第28回日本分子生物学会年会

2005年12月7日(水)〜10日(土),ヤフードーム(福岡市)

一般講演(ポスター)

国内

○船隈俊介1・橋本真一2・鈴木穣3・大室奈緒子1・菅野純夫3・三田和英4・嶋田透1 (1東大農・2東大医・3東大新領域・4生物研)

SAGEによるカイコ卵形成機構の解析

第28回日本分子生物学会年会

2005年12月7日(水)〜10日(土),ヤフードーム(福岡市)

一般講演(ポスター)

国内

○勝間 進;大門 高明;嶋田 透(東大院農 生産・環境生物学専攻)

バキュロウイルスがコードするFGFホモログの機能解析

第28回日本分子生物学会年会

2005年12月7日(水)〜10日(土),ヤフードーム(福岡市)

一般講演(ポスター)

国内

○味村 正博1;佐原 健2;阿部 広明3;田村 俊樹4;嶋田 透5;三田 和英1(1.生物研・昆虫ゲノム, 2.北大・農, 3.農工大・農, 4.生物研・遺伝子工学, 5.東大・農)

カイコW染色体と性決定遺伝子

第28回日本分子生物学会年会

2005年12月7日(水)〜10日(土),ヤフードーム(福岡市)

一般講演(ポスター)

国内

○鈴木雅京1・今西重雄2・松本正吾1・嶋田透3(1 理研・分子昆虫, 2 生物研, 3 東 大・農)

カイコの性決定遺伝子Bmdsxのオス型スプライシングは第4エクソン上のUAリッチなシスエレメントによって制御される

第28回日本分子生物学会年会

2005年12月7日(水)〜10日(土),ヤフードーム(福岡市)

一般講演(ポスター)

国内

○川崎秀樹1・鐘楊生1・大手学2、4、5・武田昌久1・野地貴憲1・岩永将司1・嶋田透2・三田和英3(1宇都宮大・農、2東大院・農生科、3生物研、4、早大・理工、5東北大・院理)

5齢期のカイコの翅原基からクローニングされた発現ステージとホルモン応答性の異なる5グループのクチクラタンパク質遺伝子について

第28回日本分子生物学会年会

2005年12月7日(水)〜10日(土),ヤフードーム(福岡市)

一般講演(ポスター)

国内

○野畑順子1・山本公子1・門野敬子1・安河内佑二1・南博2・下村道彦2・嶋田透3・小副川和豊4・Pieter deJong4・三田和英1(1.生物研,2.三菱スペースソフト,3.東大農,4.CHORI)

フィンガープリント法によるカイコBACコンティグ作成2

第28回日本分子生物学会年会

2005年12月7日(水)〜10日(土),ヤフードーム(福岡市)

一般講演(ポスター)

国内

学会発表のページへ戻る