学会発表のページへ戻る

嶋田の学会発表リスト(2004年)

演者名

演題名

学会名

開催日と開催場所

一般講演/招待講演の別

国内/国外の別

○嶋田透(東大・農)

カイコゲノムの特徴とその生物学的意味

公開シンポジウム:モデル昆虫としてのカイコ研究の過去、現在、未来−前胸腺刺激ホルモン検定系確立50周年記念−(生物研昆虫COE/科研費藤原企画調査/東大昆虫節足動物研究グループ=共催)

2004年2月27日(金),東京大学弥生行動一条ホール

招待講演

国内

○神村学1、菊池鏡子1、野田博明1、三田和英1、加藤康仁2、嶋田透3(1生物資源研,2日本化薬,3東大・農)

カイコESTマイクロアレイを利用したホルモン誘導性遺伝子の単離

第48回日本応用動物昆虫学会大会

2004年3月27日(土),京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパス

小集会(昆虫ゲノムの解析と利用 −マイクロアレイを利用した遺伝子発現の解析−)

国内

○嶋田透1・鈴木雅京2・高橋道佳1・大門高明1・大室奈緒子1・三田和英3 (1.東大・農・昆虫遺伝,2.理研・分子昆虫,3.生物研・昆虫ゲノム)

カイコの完全長cDNAの大量配列決定とデータベース化

第48回日本応用動物昆虫学会大会

2004年3月26(金)〜28日(日),京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパス

一般講演(口述)

国内

○大手学1・三田和英2・川崎秀樹3・嶋田透1・小林正彦1(1.東大農,2.生物研,3.宇大農)

カイコ翅原基の変態に伴う遺伝子発現の変化

第48回日本応用動物昆虫学会大会

2004年3月27日(土),京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパス

小集会(昆虫ゲノムの解析と利用 −マイクロアレイを利用した遺伝子発現の解析−)

国内

○鈴木雅京1・今西重雄2・嶋田透3(1理研,2生物研,3東大農)

反転期胚子から樹立された雌性培養細胞と雄性培養細胞

日本蚕糸学会第74回大会

2004年3月29日(月)〜30日(火),岩手大学学生センター棟

一般講演(口述)

国内

○高橋道佳・嶋田 透(東大・農)

カイコの初期胚で雌特異的に発現するmRNA

日本蚕糸学会第74回大会

2004年3月29日(月)〜30日(火),岩手大学学生センター棟

一般講演(口述)

国内

○大手 学1・嶋田 透1・三田和英2・川崎秀樹3・小林正彦1(1東大農,2生物研,3宇大農)

カイコカルボキシペプチダーゼAの解析

日本蚕糸学会第74回大会

2004年3月29日(月)〜30日(火),岩手大学学生センター棟

一般講演(口述)

国内

○大門高明1・勝間進1,2・岩永将司1,3・嶋田透1(1.東大院農,2.現・京大院薬,3.現・東レ先端研)

鱗翅目昆虫ゲノムに存在する細菌型キチナーゼの機能解析

日本蚕糸学会第74回大会

2004年3月29日(月)〜30日(火),岩手大学学生センター棟

一般講演(口述)

国内

○船隈俊介・嶋田透(東大・農)

カイコ脂肪体核抽出物を用いたin vitro splicing系の構築

日本蚕糸学会第74回大会

2004年3月29日(月)〜30日(火),岩手大学学生センター棟

一般講演(口述)

国内

○澤宏典1・大室奈緒子1・大門高明1・高橋道佳1・J. Nagaraju2・嶋田透1(1.東大・農,2.インドCDFD)

エリサン胚子のESTデータベースの構築

日本蚕糸学会第74回大会

2004年3月29日(月)〜30日(火),岩手大学学生センター棟

一般講演(口述)

国内

○藤田英美1・大室奈緒子1・大門高明1・鈴木雅京2・三田和英3・嶋田透1 (1.東大・農,2.理研,3.生物研)

エリサンおよびカイコのESTから見いだされたintersex相同遺伝子

日本蚕糸学会第74回大会

2004年3月29日(月)〜30日(火),岩手大学学生センター棟

一般講演(口述)

国内

○小林功・全國興・嶋田透1)・小島桂・内野恵郎・神田俊男・田村俊樹(生物研、1)東大農)

遺伝子導入によるカイコ第一白卵(w1)の変異形質の回復

日本蚕糸学会第74回大会

2004年3月29日(月)〜30日(火),岩手大学学生センター棟

一般講演(口述)

国内

○阿部広明・藤井 告・横山 岳・梯 浩和・柳川真美・黄色俊一(農工大農)三田和英・味村正博・安河内祐二(農生研)根井 充・石川剛弘(放医研)田島弥太郎(絹の里)大沼昭夫(蚕技研)嶋田 透(東大農)

エックス線照射による限性ゼブラW染色体の切断

日本蚕糸学会第74回大会

2004年3月29日(月)〜30日(火),岩手大学学生センター棟

一般講演(口述)

国内

○嶋田 透(東大・農)

クワコの行動の遺伝分析

日本蚕糸学会第74回大会

2004年3月29日(月)〜30日(火),岩手大学学生センター棟

グループ研究会「東アジア(中国、韓国,日本、ロシア等)に生息するクワコ並びに同地域で飼育されるカイコ系統の遺伝的由来についての多面的考察」(世話人:伴野豊、中島裕美子、前川秀彰)

国内

○嶋田透(東大・農)

昆虫ゲノムの特徴とその利用

東京農大総合研究所第107回フォーラム「新昆虫産業の最前線─基礎研究を新ビジネスへ─」

5月7日(金)13:00〜17:00,東京農業大学(世田谷キャンパス)グリーンアカデミー

招待講演

国内

○大門高明1,勝間進1,2,岩永将司1,3,嶋田透1(1.東大院農2.現・京大院薬3.現・東レ 先端研)

鱗翅目昆虫ゲノムに存在する細菌型キチナーゼ:その性状と進化的起源

昆虫ワークショップ'04

2004年5月26日(水)〜28日(金),つくば市観音台 2-1-9 農林水産技術会議事務局筑波事務所 農林ホール

口頭発表

国内

○高橋 道佳・嶋田 透(東大農)

カイコ性決定に関わる発現遺伝子の探索

昆虫ワークショップ'04

2004年5月26日(水)〜28日(金),つくば市観音台 2-1-9 農林水産技術会議事務局筑波事務所 農林ホール

口頭発表

国内

○M. Takahashi and T. Shimada

Search for female-specifically expressed genes in embryo of the silkworm, Bombyx mori

IXXII International Congress of Entomology

Brisbane, Australia, 15 - 21 August 2004

ポスター発表

国際会議

○F. Ohbayashi, H.Sotoshiro, K. Mita, T. Shimada

Molecular cloning and expression analysis of the Bmfru gene, the Bombyx homologue of the Drosophila sex determination gene fruitless

IXXII International Congress of Entomology

Brisbane, Australia, 15 - 21 August 2004

ポスター発表

国際会議

○Y. Koike, T. Shimada, M.G. Suzuki, K. Mita

Structural analysis of 4 segments of the Z chromosome containing Bmper, Bmclock, T15.180a and Rcf96 in Bombyx mori by using the BAC library

IXXII International Congress of Entomology

Brisbane, Australia, 15 - 21 August 2004

ポスター発表

国際会議

○嶋田透(東大農)

カイコの性決定の分子機構

特定領域研究「性分化機構の解明」公開シンポジウム

2004年10月20日,東京大学弥生講堂・一条ホール

口頭発表(招待講演)

国内会議

Toru Shimada1, Masataka G. Suzuki2, Shunsuke Funaguma1, Emi Fujita1, Fumi Ohbayashi1, and Kazuei Mita3 (1 Department of Agricultural and Environmental Biology, University of Tokyo, Yayoi 1-1-1, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan; 2 RIKEN, Hirosawa 2-1, Wako, Saitama 351-0198, Japan; 31 National Institute of Agrobiological Sc iences, Owashi 1-2, Tsukuba, Ibaraki 305-8634, Japan)

Do doublesex, intersex, and fruitless homologs regulate sexual differentiation in Bombyx mori?

KSSS International Symposium

韓国・清洲(CheongJu, Korea) on 14-16 October 2004.

口頭発表(招待講演)

国際学会

○藤井告1・阿部広明1・横山岳1・梯浩和1・柳川真美1・蜷木理1・黄色俊一1・三田和英2・味村正博2・安河内祐二2・根井充3・石川剛弘3・嶋田透4(1農工大・農,2生物研,3放医研,4東大・農)

X線照射による限性ゼブラW染色体に由来するZe断片のZ染色体への転座.

日本蚕糸学会関東支部第55回学術講演会

2004年11月25日〜26日,前橋テレサ(群馬県前橋市千代田町)

一般講演(口述)

国内学会

○嶋田 透1;鈴木 雅京2;船隈 俊介1;高橋 道佳1;大林 富美1;小池 淑子1;藤田 英美1;田村俊樹3;阿部 広明4;三田 和英3(1東大・院農生科, 2理研,3農業生物資源研,4農工大・農)

ゲノム情報からみたカイコの性決定機構

第26回日本分子生物学会年会

2004年12月8日(水)- 11日(土),神戸市・神戸国際展示場/神戸国際会議場

口頭発表(招待講演)(ワークショップW4R「昆虫特異機能の分子基盤」,世話人:柳沼利信・藤原晴彦)

国内学会

○大門 高明1;勝間 進2;岩永 将司1,3;嶋田 透1(1東大院農, 2京大院薬, 3現・東レ先端研)

鱗翅目昆虫ゲノムから発見された細菌型キチナーゼ:その性状と進化

第26回日本分子生物学会年会

2004年12月8日(水)- 11日(土),神戸市・神戸国際展示場/神戸国際会議場

ポスター発表

国内学会

○高淵里紗1・田中伸一郎1,5・勝間進1,2・岩永将司1,3・大室奈緒子1・大門高明1・山下修一1・今西重雄4・三田和英4・小林正彦1・嶋田透1(1.東大・院農生科,2.京大・院薬,3.現・東レ・先端研,4.農業生物資源研,5.現・三共ライフ)

カイコ培養細胞から発見された新種RNAウイルスは植物病原ウイルスに近縁である

第26回日本分子生物学会年会

2004年12月8日(水)- 11日(土),神戸市・神戸国際展示場/神戸国際会議場

ポスター発表

国内学会

○高橋道佳・嶋田透(東大院・農生科)

カイコpre-mRNA cleavage factor I相同体遺伝子の構造と発現

第26回日本分子生物学会年会

2004年12月8日(水)- 11日(土),神戸市・神戸国際展示場/神戸国際会議場

ポスター発表

国内学会

○野畑順子1)、山本公子1)、門野敬子1)、安河内佑二1)、嶋田透2)、小副川和豊3)、Pieter deJong3)、三田和英1)(1生物研、2東大・農、3Children's Hospital Oakland Res. Inst., USA)

フィンガープリント法によるカイコBACコンティグ作成

第26回日本分子生物学会年会

2004年12月8日(水)- 11日(土),神戸市・神戸国際展示場/神戸国際会議場

ポスター発表

国内学会

○味村 正博1)、佐原 健2)、阿部 広明3)、嶋田 透4)、三田 和英1)(生物研・昆虫ゲノム、北大・農、農工大・農、東大・農)

カイコW染色体と性決定遺伝子

第26回日本分子生物学会年会

2004年12月8日(水)- 11日(土),神戸市・神戸国際展示場/神戸国際会議場

ポスター発表

国内学会

○月岡春奈1・日下部宜宏1・岡野和広2・三田和英3・嶋田透4・高橋将晃1・門宏明1・河口豊1(1九大農、2理研、3生物研、4東大農)

昆虫の染色体外DNA二重鎖切断修復に関わる遺伝子の機能解析

第26回日本分子生物学会年会

2004年12月8日(水)- 11日(土),神戸市・神戸国際展示場/神戸国際会議場

ポスター発表

国内学会

○鈴木雅京1・今西重雄2・松本正吾1・嶋田透3(1 理研・分子昆虫, 2 生物研, 3 東 大・農)

性決定遺伝子doublesexのカイコホモログBmdsxの性特異的スプライシングに必要なシスエレメントの解析

第26回日本分子生物学会年会

2004年12月8日(水)- 11日(土),神戸市・神戸国際展示場/神戸国際会議場

ポスター発表

国内学会

学会発表のページへ戻る