学会発表のページへ戻る

嶋田の学会発表リスト(2002年)

演者名

演題名

学会名

開催年

一般講演/招待講演の別

国内/国外の別

○嶋田透(東大・農),三田和英(生物研・ゲノム)

他生物ゲノムと比較したカイコゲノムの特徴

昆虫ワークショップ'02,2002年3月11日(月)〜3月13日(水),生産性国際交流センター, 神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-38

2002

一般講演(口述)

国内

○外城寿哉、大林富美、鈴木雅京、嶋田透(東大農)

カイコの生殖巣と胚子における Bmdsx 発現の雌雄差

昆虫ワークショップ'02,2002年3月11日(月)〜3月13日(水),生産性国際交流センター, 神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-38

2002

一般講演(口述)

国内

○岩永将司(1,2)、栗原政明(1)、嶋田透(2)、小林正彦(2)、 姜媛瓊(1)(1,理研・分子昆虫、2,東大・農)

カイコ核多角体病ウイルスの新規構造タンパク質の同定

昆虫ワークショップ'02,2002年3月11日(月)〜3月13日(水), 生産性国際交流センター,神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-38

2002

一般講演(口述)

国内

○千田高史・嶋田透(東大・農)

28SrRNA遺伝子による篩板類の多系統性と円網性種の単系統性の検証

第46回日本応用動物昆虫学会大会(2002年3月28日〜30日,東京農大,東京都世田谷区)

2002

一般講演(口述)

国内

○嶋田 透(東大・農)・三田和英(生物研・ゲノム)

カイコゲノムの特徴(小集会「昆虫ゲノムの解析と利用─カイコゲノム解析の現状とその利用─」)

第46回日本応用動物昆虫学会大会(2002年3月28日〜30日,東京農大,東京都世田谷区)

2002

小集会(口述)

国内

○三田和英(生物研・ゲノム)・嶋田 透(東大・農)

カイコゲノムおよびその他昆虫ゲノム研究の現状(小集会「昆虫ゲノムの解析と利用─カイコゲノム解析の現状とその利用─」)

第46回日本応用動物昆虫学会大会(2002年3月28日〜30日,東京農大,東京都世田谷区)

2002

小集会(口述)

国内

○鈴木雅京・船隈俊介 (東大農)・神田俊男・田村俊樹 (生物研)・嶋田透(東大農)

 

Bmdsxトランスジェニックカイコを用いたBmdsx遺伝子の機能解析 (1)

 

日本蚕糸学会第72回大会,2002年4月3日〜4日,九州大学文科系講義棟

2002

 

一般講演(口述)

 

国内

 

○船隈俊介・鈴木雅京 (東大農)・神田俊男・田村俊樹 (生物研)・嶋田透(東大農)

 

Bmdsxトランスジェニックカイコを用いたBmdsx遺伝子の機能解析 (2)

日本蚕糸学会第72回大会,2002年4月3日〜4日,九州大学文科系講義棟

 

2002

 

一般講演(口述)

 

国内

 

○大林富美1・外城寿哉1・三田和英2・岡野和広3・嶋田透1(1東大・農,2生物研,3理研)

ショウジョウバエの性決定遺伝子 fruitless のカイコにおける相同遺伝子Bmfru の発現

日本蚕糸学会第72回大会,2002年4月3日〜4日,九州大学文科系講義棟

 

2002

 

一般講演(口述)

 

国内

 

○外城寿哉、大林富美、鈴木雅京、嶋田透(東大農)

カイコ胚子における Bmdsx 遺伝子の組織学的発現解析

日本蚕糸学会第72回大会,2002年4月3日〜4日,九州大学文科系講義棟

 

2002

 

一般講演(口述)

国内

 

○小池 淑子1,三田 和英2,鈴木 雅京1,嶋田 透1(1東大・農、2生物研・昆虫ゲノム)

カイコの筋タンパク質BmKettin,BmTitin1,BmTitin2およびBmProjectinはZ染色体に隣接してコードされる

日本蚕糸学会第72回大会,2002年4月3日〜4日,九州大学文科系講義棟

2002

 

一般講演(口述)

国内

○関 元昭1・大手 学1・三田和英2・大林富美1・鈴木雅京1・嶋田 透1(1東大農,2生物研)

cDNAマイクロアレイを用いたカイコ初期胚における性特異的な遺伝子発現の解析

日本蚕糸学会第72回大会,2002年4月3日〜4日,九州大学文科系講義棟

2002

 

一般講演(口述)

国内

 

○大門高明1,浜田晃太郎1,2,鈴木雅京1,小林正彦1,嶋田 透1(1東大・農,2現アサヒビール)

カイコの発育に伴うキチナーゼ様遺伝子BmChi-hの発現変動

日本蚕糸学会第72回大会,2002年4月3日〜4日,九州大学文科系講義棟

2002

 

一般講演(口述)

国内

 

○ 高橋道佳(放医研)・小池淑子(東大農)・味村正博(放医研)・嶋田透(東大農)・三田和英(生物研)

カイコZ染色体上のBmper遺伝子付近に存在する遺伝子の検索

日本蚕糸学会第72回大会,2002年4月3日〜4日,九州大学文科系講義棟

2002

 

一般講演(口述)

国内

 

○阿部広明・横山 岳・黄色俊一(農工大・農)・三田和英・安河内祐二(生物研)・嶋田 透(東大・農)

カイコW染色体上の新たなDNAマーカー

日本蚕糸学会第72回大会,2002年4月3日〜4日,九州大学文科系講義棟

2002

 

一般講演(口述)

国内

 

○高橋将晃・日下部宜宏・林亜紀・白尾吏(九大院農)・岡野和広(理研)・三田和英(生物研)・嶋田 透(東大農)・河口豊・古賀克己(九大院農)

カイコMre1,Rad40タンパク質の機能解析

日本蚕糸学会第72回大会,2002年4月3日〜4日,九州大学文科系講義棟

2002

 

一般講演(口述)

国内

 

○嶋田 透

カイコのゲノムが解き明かす昆虫の謎

第97回東京大学公開講座,2002年4月20日

2002

 

一般講演(口述)

国内

 

○Takaaki Daimon, Masataka G. Suzuki, and Toru Shimada (Department of Agricultural and Environmental Biology, University of Tokyo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan)

Bacteria-like Chitinase Genes in Bombycid and Saturniid Silkmoths

Fourth International Conference on Wild Silkmoths, April 23-26, 2002, Yogyakarta Special Territory, Indonesia

2002

 

一般講演(口述)

国際会議

○Toru Shimada (Univ. of Tokyo)

The Bombyx genome as a model of lepidopteran genomes (in the session of "Insect Genomics and Proteomics")

Fourth International Symposium on Molecular Insect Science, May 28-June 2, 2002, Marriott University Park Hotel, Tucson, Arizona, USA

2002

 

招待講演(口述)

国際会議

○Manabu Ote1, Kazuei Mita2, Hideki Kawasaki3, Hirohisa Kishino1, Motoaki Seki1, Junko Nohata1, Masahiko Kobayashi, and Toru Shimada1. (1, Department of Agricultural and Environmental Biology, University of Tokyo, Tokyo, Jap an; 2. National Institute of Agrobiological Sciences, Owashi, Tsukuba, Ibaraki, Japan; 3. Faculty of Agriculture, Utsunomiya University, Utsunomiya, Tochigi, Japan)

Analysis of gene expression profiles in wing discs of Bombyx mori during metamorphosis

Fourth International Symposium on Molecular Insect Science, May 28-June 2, 2002, Marriott University Park Hotel, Tucson, Arizona, USA

2002

 

一般講演(ポスター発表)

国際会議

○Masashi IWANAGA1,3, Manabu OTE1, Kazuei MITA2 , Toru SHIMADA1, WonKyung KANG3, Masahiko KOBAYASHI1 (1Lab. Insect Genet. Biosci., The Univ. Tokyo, 2Lab. Insect Genome, NIAS, 3Lab. Mol. Entomol. Baculovirol., RIKEN)

Analysis of gene expression profile in baculovirus infected cells using DNA microarray.

21st Annual Meeting, Amerian Society for Virology, July 20 - 24, 2002, University of Kentucky, Lexington, Kentucky, USA

2002

 

一般講演

国際会議

○大門高明1、浜田晃太郎1,3、三田和英2、嶋田透1 (1東大・農、2農業生物資源研、3現アサヒビール)

細菌から鱗翅目昆虫へのキチナーゼ遺伝子の水平移動

日本進化学会第4回大会,2002年8月2日〜5日,中央大学理工学部 後楽園キャンパス(東京都文京区後楽園)

2002

 

一般講演およびポスター発表

国内

 

○T. Shimada1, H. Abe2, Y. Koike1, M. G. Suzuki3, K. Okano3,4, and K. Mita5 (1東大農,2農工大農,3理研,4現オハイオ州立大,5生物研)

Bombyx genome as a model of lepidopteran genomes.

西南農業大学特別講演会,2002年8月16日,西南農業大学(中国 重慶市)

2002

 

招待講演(口述)

海外

 

○Kazuei Mita1, Toru Shimada2, Yuji Yasukochi1, Yoshiko Koike2, Junko Nohata1, Kimiko Ymamoto1, Keiko Kadono-Okuda1, Toshiki Tamura1, Masataka G. Suzuki3, Javare G. Nagaraju4, Pierre Couble5, and Marian R, Goldsmith6 (1. Nat ional Institute of Agrobiological Sciences, Tsukuba, Japan; 2. Department of Agricultural and Environmental Biology, University of Tokyo, Tokyo, Japan; 3. Institut of Physical and Chemical Research (RIKEN), Wako, Japan; 4. CDFD, Hyderabad, India; 5. Centr e de Genetique Moleculaire et Cellulaire, CNRS, Lyon, France; 6. Biological Sciences Department, University of Rhode Island, Kingston, USA)

Present Status of Silkworm Genome Project.

第1回鱗翅目昆虫ゲノムワークショップ,2002年9月30日〜10月3日(つくば市・文部科学省研究交流センター国際会議場)

2002

 

招待講演(口述)

国内で開催される国際会議

 

○M. IWANAGA1,2, M. OTE 1, T. SHIMADA 1, W. KANG 2, M. KOBAYASHI 1 (1; Lab. Insect Genet. Biosci., Univ. Tokyo, 2; Lab. Mol. Entomol. Baculovirol., RIKEN.)

ANALYSES OF VIRUS AND HOST GENE EXPRESSION PROFILE IN BOMBYX MORI NUCLEOPOLYHEDROVIRUS INFECTED CELLS.

第1回鱗翅目昆虫ゲノムワークショップ,2002年9月30日〜10月3日(つくば市・文部科学省研究交流センター国際会議場)

2002

 

一般講演(口述)

国内で開催される国際会議

 

○Y. KOIKE1*, K. MITA2, M. G. SUZUKI3, S. MAEDA3, H. ABE4, K. OSOEGAWA5, P. J. DEJONG5, T. SHIMADA1 (1. Dept. of Agric. Environ. Biol., Univ. of Tokyo; 2. Natl. Inst. Agrobiol. Sci., JAPAN; 3 RIKEN; 4. Dept. of Biol. Proc, F ac. of Agric, Tokyo Univ. of Agric and Tech ;5 Children's Hospital Oakland Res. Inst., USA)

GENOMIC SEQUENCE OF FOUR REGION CONTAINING BMKETTIN, BMPER, RCF96 AND T15.180A ON THE Z CHROMOSOME IN BOMBYX MORI

第1回鱗翅目昆虫ゲノムワークショップ,2002年9月30日〜10月3日(つくば市・文部科学省研究交流センター国際会議場)

2002

 

一般講演(ポスター発表)

国内で開催される国際会議

 

○Manabu Ote1*, Kazuei Mita2, Hideki Kawasaki3, Hirohisa Kishino1, Motoaki Seki1, Junko Nohata2, Masahiko Kobayashi1, and Toru Shimada1. (1, Department of Agricultural and Environmental Biology, University of Tokyo, Tokyo, J apan; 2. National Institute of Agrobiological Sciences, Owashi, Tsukuba, Ibaraki, Japan; 3. Faculty of Agriculture, Utsunomiya University, Utsunomiya, Tochigi, Japan.)

ANALYSIS OF GENE EXPRESSION PROFILES IN WING DISCS OF BOMBYX MORI DURING METAMORPHOSIS

第1回鱗翅目昆虫ゲノムワークショップ,2002年9月30日〜10月3日(つくば市・文部科学省研究交流センター国際会議場)

2002

 

一般講演(口述)

国内で開催される国際会議

 

○Toru SHIMADA1, Takaaki DAIMON1, Motoko OAMI1, Naoko OMURO1, Hiroaki ABE2, and Kazuei MITA3 (1. Department of Agricultural and Environmental Biology, University of Tokyo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan; 2. Tokyo Universit y of Agriculture and Technology, Fuchu, Tokyo, Japan; 3. National Institute of Agrobiological Sciences, Owashi, Tsukuba, Ibaraki, Japan)

BOMBYX GENOME SEQUENCES SUGGEST HORIZONTAL GENE TRANSFERS AMONG LEPIDOPTERA, BACULOVIRIDAE, AND EUBACTERIA.

第1回鱗翅目昆虫ゲノムワークショップ,2002年9月30日〜10月3日(つくば市・文部科学省研究交流センター国際会議場)

2002

 

招待講演(口述)

国内で開催される国際会議

 

○Motoko Oami1, Naoko Omuro1, Fumi Ohbayashi1, Kazuei Mita2, and Toru Shimada1 (1 Department of Agricultural and Environmental Biology, University of Tokyo, Yayoi 1-1-1, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan, 2National Institute of Agrobiological Sciences, Owashi 1-2, Tsukuba, Ibaraki 305-8634 Japan)

Retrovirus-like elements in the Bombyx mori genome

韓・日合同国際蚕糸学術大会,2002年10月17日〜19日,韓国・水原市・ラビドールリゾート

2002

 

一般講演(ポスター発表)

国際会議

 

○Motoaki Seki1, Hiroaki Abe2, Fumi Ohbayashi1 and Toru Shimada1 (1Department of Agricultural and Environmental Biology, University of Tokyo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan; 2Department of Biological Production, Faculty of Agriculture, University of Agriculture and Technology, Fuchu, Tokyo 183-8509, Japan)

Novel RAPD (Random Amplified Polymorphic DNA) markers on the W chromosome in Bombyx mori

韓・日合同国際蚕糸学術大会,2002年10月17日〜19日,韓国・水原市・ラビドールリゾート

2002

 

一般講演(ポスター発表)

国際会議

 

○Tsuyoshi Furukawa, Hisaya Sotoshiro, Toru Shimada, and Masahiko Kobayashi (1Department of Agricultural and Environmental Biology, University of Tokyo, Yayoi 1-1-1, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan)

Histological distribution of BmEts mRNA, a diapause-specific mRNA, in pre-diapause and diapause embryos of Bombyx mori

韓・日合同国際蚕糸学術大会,2002年10月17日〜19日,韓国・水原市・ラビドールリゾート

2002

 

一般講演(ポスター発表)

国際会議

 

○Rie Wakui, Masahiko Kobayashi, and Toru Shimada (1Department of Agricultural and Environmental Biology, University of Tokyo, Yayoi 1-1-1, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan)

Genetic analysis of photoperiodism in a polyvoltine race of Bombyx mori using polymorphic DNA markers.

韓・日合同国際蚕糸学術大会,2002年10月17日〜19日,韓国・水原市・ラビドールリゾート

2002

 

一般講演(ポスター発表)

国際会議

 

○Toru SHIMADA1, Takaaki DAIMON1, Motoko OAMI1, Naoko OMURO1, Hiroaki ABE2, and Kazuei MITA3 (1. Department of Agricultural and Environmental Biology, University of Tokyo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan; 2. Tokyo Universit y of Agriculture and Technology, Fuchu, Tokyo, Japan; 3. National Institute of Agrobiological Sciences, Owashi, Tsukuba, Ibaraki, Japan)

BOMBYX GENOME SEQUENCES SUGGEST HORIZONTAL GENE TRANSFERS AMONG LEPIDOPTERA, BACULOVIRIDAE, AND EUBACTERIA.

中国科学院上海植物生理生態研究所特別講演会,2002年11月11日(中国科学院上海植物生理生態研究所会議室,中国上海市)

2002

 

招待講演(口述)

国際会議

 

○Kazuei Mita1, Toru Shimada2, Yuji Yasukochi1, Yoshiko Koike2, Junko Nohata1, Kimiko Ymamoto1, Keiko Kadono-Okuda1, Toshiki Tamura1, Masataka G. Suzuki3, Javare G. Nagaraju4, Pierre Couble5, and Marian R, Goldsmith6 (1. Nat ional Institute of Agrobiological Sciences, Tsukuba, Japan; 2. Department of Agricultural and Environmental Biology, University of Tokyo, Tokyo, Japan; 3. Institut of Physical and Chemical Research (RIKEN), Wako, Japan; 4. CDFD, Hyderabad, India; 5. Centr e de Genetique Moleculaire et Cellulaire, CNRS, Lyon, France; 6. Biological Sciences Department, University of Rhode Island, Kingston, USA)

Present Status of Silkworm Genome Project.

中国科学院上海植物生理生態研究所特別講演会,2002年11月11日(中国科学院上海植物生理生態研究所会議室,中国上海市)

2002

 

招待講演(口述)

国際会議

 

○嶋田透(東大・農)

カイコの性決定の分子機構

平成14年度日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業「昆虫特異機能の解明と開発」公開シンポジウム,2002年11月15日,神戸大学瀧川記念学術交流会館

2002

 

招待講演

国内

 

○F. Ohbayashi1, H. Sotoshiro1, K. Okano2, K. Mita3 , T. Shimada1 (1Dept of Agric. Environ. Biol., Univ. of Tokyo, 2 RIKEN, 3NIAS)

Molecular cloning and expression analysis of the Bmfru gene, the Bombyx homologue of the Drosophila sex determination gene fruitless

第25回日本分子生物学会年会,2002年12月11日〜14日,横浜・パシフィコ横浜

2002

 

一般講演(ポスター発表)

国内

 

○岩永将司1,2、大手学1、嶋田透1、姜媛瓊2、小林正彦1 (1,東大・院農生科・昆虫遺伝、2,理研・分子昆虫)

DNAマイクロアレイを利用したバキュロウイルス感染細胞における遺伝子発現の解析

第25回日本分子生物学会年会,2002年12月11日〜14日,横浜・パシフィコ横浜

2002

 

一般講演(ポスター発表)

国内

 

○高橋 道佳,関 元昭,外城 寿哉,嶋田 透 (東大・院農生科)

ディファレンシャルディスプレイ法によるカイコ初期胚における性特異的mRNAの探索

第25回日本分子生物学会年会,2002年12月11日〜14日,横浜・パシフィコ横浜

2002

 

一般講演(ポスター発表)

国内

 

○船隈 俊介1,鈴木 雅京2,神田 俊男3,田村 俊樹3,嶋田 透1 (1東大・院農生科・昆虫遺伝, 2理研・分子昆虫, 3農業生物資源研・昆虫生産工学)

雄型Bmdsxを導入したトランスジェニックカイコにおける性表現の異常

第25回日本分子生物学会年会,2002年12月11日〜14日,横浜・パシフィコ横浜

2002

 

一般講演(ポスター発表)

国内

 

○小池 淑子,三田 和英2,阿部 広明3,鈴木 雅京4,嶋田 透1 (1東大・院農生科・昆虫遺伝, 2農業生物資源研・昆虫ゲノム, 3農工大・農・昆虫機能, 4理研・分子昆虫)

カイコZ染色体上の遺伝子における転写産物量の雌雄差

第25回日本分子生物学会年会,2002年12月11日〜14日,横浜・パシフィコ横浜

2002

 

一般講演(ポスター発表)

国内

 

○嶋田 透1,阿部 広明2,小池 淑子1,大網 素子1,大門 高明1,三田 和英3 (1東大・院農生科・昆虫遺伝, 2農工大・農・昆虫機能, 3農業生物資源研・昆虫ゲノム)

カイコゲノムの特異性とその進化的背景

第25回日本分子生物学会年会,2002年12月11日〜14日,横浜・パシフィコ横浜

2002

 

ワークショップ(昆虫ゲノムの特異性と多様性)での企画講演

国内

 

○野畑順子1  山本公子1 嶋田透2 小副川和豊3 Pieter deJong3 三田和英1 (1生物研 昆虫ゲノム 2東大 院農生科 3Chidren's Hospital Oakland Res.Inst.)

フィンガープリント法によるカイコ全ゲノムのBACコンティグ作成

第25回日本分子生物学会年会,2002年12月11日〜14日,横浜・パシフィコ横浜

2002

 

一般講演(ポスター発表)

国内

 

○高橋 将晃1, 日下部 宜宏1, 林 亜紀1, 白尾 吏1, 岡野 和広2, 三田 和英3, 嶋田 透4, 河口 豊1, 古賀 克己1 (1九州大・院・農, 2理研, 3放医研, 4東大・院農生科)

DSB修復におけるカイコMre11、Rad50タンパク質の機能とそのノックダウンが細胞に与える影響.

第25回日本分子生物学会年会,2002年12月11日〜14日,横浜・パシフィコ横浜

2002

 

一般講演(ポスター発表)

国内

 

○Kazuei Mita1, Mitsuoki Morimyo2, Kazuhiro Okano3, Yoshiko Koike4, Junko Nohata1, Hideki Kawasaki5, Masataka G. Suzuki4, Toru Shimada4, Marian R. Goldsmith6 and Susumu Maeda3 ((1) Laboratory of Insect Genome, National Insti tute of Agrobiological Sciences, Owashi 1-2, Tsukuba, Ibaraki 305-8634, Japan; (2) National Institute of Radiological Sciences, Anagawa 4-9-1, Inage-ku, Chiba 263-8555, Japan; (3) Laboratory of Molecular Entomology and Baculovirology, The Institute of P hysical and Chemical Research (RIKEN), Hirosawa 2-1, Wako, Saitama 351-0198, Japan; (4) Department of Agricultural and Environmental Biology, University of Tokyo, Yayoi 1-1-1, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan; (5) Faculty of Agriculture, Utsunomiya Univ ersity, 350 Mine, Utsunomiya, Tochigi 321-8505, Japan; (6) Biological Science Department, University of Rhode Island, 100 Flagg Rd., Kingston, RI 02881-0816, USA)

The construction of an EST database for Bombyx mori and its application

米国細胞生物学会年会,2002年12月14日-18日, San Francisco, USA

2002

 

一般講演(ポスター発表)

米国の学会

 

学会発表のページへ戻る