文部科学省科学研究費 新学術領域研究

「複合適応形質進化の遺伝子基盤解明」

 

2回「若手ワークショップ」のご案内

 

総括班(関連集会担当)嶋田 透(東大・院農)

領域代表者 長谷部光泰(基生研)

 

 「複合適応形質進化」領域も2年度目となり、公募研究班も加わって皆様活発に研究を展開されている事と思います。

 当領域では若手研究者を支援、育成する活動の一環として「若手ワークショップ」の定期的な開催を予定しております。昨年度は9月 の公開シンポジウムと同時にポスターセッション+交流会の形で開催しました。今年度は、下記のとおり開催し、計画研究・公募研究の各班の若手研究者から、 口頭発表の形で最新の成果をお聞きし、相互に議論する場を作りたいと思います。また、本領域の研究に必要な遺伝子機能解析技術(動物・植物)に関する最新 事情を、3名の専門家にお話いただく予定です。

 なお、今回のワークショップは本領域の「遺伝子機能解析技術講習会」(106日〜7日、藤原班担当)および「インフォマティクス情報交換会」(108日、西山班担当)と連携し、同じ東大柏キャンパスで開催します。


 

■ 会合名称:新学術領域研究「複合適応形質進化の遺伝子基盤解明」 第2回 若手ワークショップ

■ 開催日時:2011107()13:00から108()10:45まで

■ 開催場所:東京大学柏キャンパス 東京大学柏図書館「メディアホール」


       東京大学柏キャンパス案内図 ・ キャンパスへのアクセス


        柏の葉キャンパス駅(つくばエクスプレス)〜東大柏キャンパス バス約10分
        柏駅(JR、東武野田線)〜東大柏キャンパス バス約20〜30分
        秋葉原駅〜柏の葉キャンパス駅 つくばエクスプレス約30分
        東京大学柏キャンパス(新領域 生命棟)への路線バス案内


注意)会場の都合上108日(土)は9:00まで会場の扉が閉まっており入場できません。9:00以降にご来場下さい。



   プログラム:(座長の方は何卒よろしくお願い申し上げます。)

 10月7日(金)

(「遺伝子機能解析技術講習会」(藤原班担当、受講者10名)が昼頃まで同キャンパス内で開催される)


  12:30 受付開始


  13:00〜13:10 「若手ワークショップ」開会の挨拶(長谷部光泰)


  13:15〜15:30 若手一般講演(1人15分×8名) 

   (座長:黄川田隆洋)  

   13:15-13:30 入江直樹 個体発生と系統発生からみた脊椎動物ボ ディプラン 理化学研究所CDB 形態進化研究グループ

   13:30-13:45 二階堂雅人 シクリッドの適応放散・平行進化とStanding Variation 東京工業大学大学院生命理工学研究科

   13:45-14:00 Juliane Karine Ishida  Transcriptome analysis of the parasitic plant Phtheirospermum japonicum. 東京大学大学院農学生命科学研究科

   14:00-14:15 王 華兵 Transcriptional regulation of β-fructofuranosidase genes in lepidopteran insects 東京大学 大 学院農学生命科学研究科 昆虫遺伝研究室

   (座長:曽田貞滋)

   14:30-14:45 Oleg Gusev First insights from genomics of protective genes in the sleeping chironomid: building a perfect survivor. 農業生物資源研究所(昆虫機能研究開発ユニット・乾燥耐性研究グループ)

   14:45-15:00 畑中理恵 ネムリユスリカ特有のストレスタンパク質の探索 農業生物資源研究所(昆虫機能研究開発ユニット・乾燥耐性研究グループ)

   15:00-15:15 菊田真吾 乾燥時に蓄積するナトリウムイオンはトレハローストランスポーター PvSTRT1の輸送駆動力となる 農業生物資源研究所 (昆虫機能研究開発ユニット・乾燥耐性研究グループ)・日本学術振興会PD

   15:15-15:30 大門高明 カイコガ科における性フェロモンシステムの進化農業生物資源研究所

  15:45〜16:15 高効率のRNAi技術に関する講演 山口淳一(東大新領域) (座長:嶋田透)


  16:30〜18:00 遺伝子解析技術に関する招待講演 (座長:嶋田透)


   16:30-17:00 吉川信幸(岩手大・農)

   17:00-17:30 夏秋知英(宇都宮大・農)

   17:30-18:00 高須陽子(農業生物資源研究所・昆虫科学)


  18:30〜20:30 懇親会(プラザ「憩い」、講演会場の建物から徒歩1分)(参加費:一般4,000円、学生2,000円)


 10月8日(土)


  9:00開場


  9:30〜10:45 若手一般講演(1人15分×5名)

   (座長:松尾隆嗣)

   9:30-9:45 福島健児 食虫植物の消化酵素遺伝子群における平行進化と祖先機能の推定  総研大、基生研 

   9:45-10:00 齋藤勝晴 ミヤコグサの菌根特異的共生変異体の解析析 信州大学農学部

   10:00-10:15 古賀皓之 棘皮動物幼生の形態進化を引き起こした分子進化の解明 筑波大学生命環境

   10:15-10:30 真野弘明 ランカマキリの発生ステージ特異的な体色を構成する色素群の同定 基礎生物学研究所・生物進化研究部門

   10:30-10:45 門田幸二 タグカウントデータから感度・特異度高く発現変動を検出するデータ解析戦略 東京大学 大学院農学生命科学研究科


  10:45 「若手ワークショップ」閉会


  11:00〜15:50 「インフォマティクス情報交換会」(西山班担当)

   11:00 - 12:00  ライトニングトーク

   13:30 - 14:50  オープンスペース

   15:00 - 15:30  情報の全体共有・まとめ

   15:30 - 15:50  次回以降のインフォマティクス交換会のあり方についての総合ディスカッション


口頭発表を行う方へ

  口頭発表を行う方は、各自でPCを持参下さい。念のため、USBメモリーなどで発表するファイルもご持参下さい(万が一のPCトラブルの際に対応するため、会場にはWin Powerpoint2007,Mac Office2004,Mac Keynoteが起動するマシンを1台用意する予定です)。

一 般講演(15分)の方は発表12分・討論3分です。発表中に1回目のベルが10分後、2回目のベルが12分後、3回目のベルが15分後に鳴ります。招待講 演(30分)の方は発表25分・討論5分です。発表中に1回目のベルが22分後、2回目のベルが25分後、3回目のベルが30分後に鳴ります。


■昼食について:

お昼は各自で取って下さい。食堂(カフェテリア)が営業しています(土は13:30ラストオーダー)。また、コンビニエンスストアと何軒かの食事処がキャンパスから徒歩10分の所にございます。会場内は飲食不可なのでご注意下さい。


■ 参加申込方法:

2回「若手ワークショップ」へ参加を申し込むかたは、以下の情報を wakate-ws@ss.ab.a.u-tokyo.ac.jp へメールでお知らせください。

(1) 参加者の氏名

(2) 参加者の所属と身分(学生の場合は学年)

(3) 参加者の所属研究室の電話番号

(4) 参加者の電子メールアドレス

(5) 計画研究または公募研究の代表者の氏名(以下のリストを参照)

http://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/SGJKeikakuDaihyo.html

http://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/SGJKouboDaihyo.html

(6) 口頭発表の有無

(7) 口頭発表の題目(暫定的な題目でよい。共同演者の氏名は記載不要)

(8) 懇親会の参加の可否(参加する場合は当日一般4,000円、学生2,000円を徴収します)

(9) 全日程参加するか否か。部分的な参加の場合は、およその到着時刻と退出時刻を書いてください。

(10) その他の連絡事項

■ 参加申込の締切日:915日(木)17:00


■ その他

 複合適応形質進化「若手ワークショップ」事務局では、宿泊の斡旋を致しません。
 柏駅周辺には数件のホテルが有り、柏の葉キャンパス駅にはホテルデルプラドなどがあります。

   若手ワークショップに関するお問い合わせ先:

 東京大学 大学院農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻 昆虫遺伝研究室内

 複合適応形質進化「若手ワークショップ」事務局

 電話 03-5841-5085(川本宗孝)、-5058(鈴木美奈子)、-8124(嶋田透)

 Email: wakate-ws@ss.ab.a.u-tokyo.ac.jp (川本+鈴木+嶋田)

 

 

 文部科学省科学研究費 新学術領域研究「複合適応形質進化の遺伝子基盤解明」

http://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/SGJHome.html